孫子 正を以って合し、奇を以って勝つ

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【「正を以って合し、奇を以って勝つ」のメッセージは?】

本日は、孫子の中に出てくる言葉で、「正を以って合し、奇を以って勝つ」を、考えてみたいと思います。(本ブログの別記事で、個人的に選んだ、「孫子の教え一覧」も記載していますので、併せてご参照ください)

「正を以って合し、奇を以って勝つ」って、聞いたことありますか? ご承知の通りだと思いますが、「正攻法で、相手と組みあい、奇策によって、勝利に導く」、といった意味ですよね(そのままですが・・・)。勝手かもしれませが、もう少し、深堀してみると、「正攻法だけでも、奇策だけでもダメで、基本は基本としてしっかり押さえ(正攻法)、その上で応用(奇策)をする事が必要で、また、その奇策(応用)もあくまでも正攻法(基本)をベースにものである事が必要」、と言った理解をしています。(”孫子”に関しては、Wikipedia の力を借りますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/孫子_(書物))、”『孫子』(そんし)は、紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書。武経七書の一つ。古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。紀元前5世紀中頃から紀元前4世紀中頃あたりに成立したと推定されている。”、とあります。2500年も前の兵法書で、古典の中の古典と言う事でしょうか? 勿論、現代版のものしか、私には読む事は出来ませんが、「端的でシンプルな文章は、読む側の状況に応じて、理解し、考えを巡らせる為のベースとなる、原理原則が書かれた書物」、と言った認識を個人的に持っております。)

【義経は、「正を以って合し、奇を以って勝つ」を実践した日本史上の武将か?】

上記の様な、「正を以って合し、奇を以って勝つ」の具体的な、日本史上の戦の例、皆さんは何か思い浮かぶものはありますか? 私が真っ先に思い浮かんだ武将の名前が、源義経で、彼が実践した、「鵯越の逆落とし」、でした。Wikipedia によると(https://ja.wikipedia.org/wiki/一ノ谷の戦い)、この逆落としがあったとされる、一ノ谷の戦いは、平氏側:8-10万、源氏側:6.6万(大手軍は源範頼率いる5.6万、義経率いる搦手軍1万)の戦です。また、開戦時には、しっかり大手側の範頼軍が、「正を以って合し」ています。そして、搦手側の義経軍「奇を以って勝つ」を遂行した戦だと認識できます。Wikipedia の同様の項目より、ポイントを抜粋させて頂きますと、開戦・生田の戦い:2月7日払暁、先駆けせんと欲して義経の部隊から抜け出した熊谷直実・直家父子と平山季重らの5騎が忠度の守る塩屋口の西城戸に現れて名乗りを上げて合戦は始まった。(略)。直実らは奮戦するが、多勢に無勢で討ち取られかけた時に土肥実平率いる7000余騎が駆けつけて激戦となった。午前6時、知盛、重衡ら平氏軍主力の守る東側の生田口の陣の前には範頼率いる梶原景時、畠山重忠以下の大手軍5万騎が布陣。範頼軍は激しく矢を射かけるが、平氏は壕をめぐらし、逆茂木を重ねて陣を固めて待ちかまえていた。平氏軍も雨のように矢を射かけて応じ源氏軍をひるませる。平氏軍は2000騎を繰り出して、白兵戦を展開。(略)。義経と分かれた安田義定、多田行綱らも夢野口(山の手)を攻撃する。生田口、塩屋口、夢野口で激戦が繰り広げられるが、平氏は激しく抵抗して、源氏軍は容易には突破できなかった。

逆落としMap

逆落とし:精兵70騎を率いて、一ノ谷の裏手の断崖絶壁の上に立った義経は戦機と見て坂を駆け下る決断をする。(略)。義経は「心して下れば馬を損なうことはない。皆の者、駆け下りよ」と言うや先陣となって駆け下った。坂東武者たちもこれに続いて駆け下る。(略)。崖を駆け下った義経らは平氏の陣に突入する。予想もしなかった方向から攻撃を受けた一ノ谷の陣営は大混乱となり、義経はそれに乗じて方々に火をかけた。平氏の兵たちは我先にと海へ逃げ出した”、とあります。長くなってしまうので、途中、”略”、させて頂きましたが、大手軍(こちらが主軍と思われます)と搦手軍(こちらが遊撃隊的な役割をする軍と認識)がしっかりと挟み撃ちをする正攻法の形で組みあって、その後、「逆落とし」で側面を強襲し、火を放ち、敵軍を打ち破った戦いであったと、私には 認識できます。

私には、孫子の考え方に従い、しっかりと自軍を勝利させた、「源氏軍あっぱれ」な戦いで、範頼も義経も称賛される戦い方に見えますが、よく大河ドラマ等で描かれるのは、「義経の独断」、「義経の大将あるまじき無茶な行為」と言ったような描かれ方をしていますしかし事実を見れば、「正を以って合し、奇を以って勝つ」を実行しており、義経と範頼が連携できていたかは知りませんが、奇策の打ち方も、相手の虚を突く、戦的には素晴らしいものに見えます。「なのになぜ、頼朝も範頼も、「義経よくやった!、ありがとう!」と言わなかったのか?」、と改めて思ってしまいました・・・。個人的には、日本三大奇襲に加え、日本四大奇襲として、この戦いを加えて良い気がしています

【義経は自身の才能に飲み込まれてしまったのか?】

これは恐らく、(私の勝手な想像ですが)「味方である源氏の誰もが、義経の才能を目の当たりにし、認めたが故に、恐怖心を持った」、と言う事だと思います。孫子の教えは、誰もが考えさせられ、納得できる内容だと思います(この源平争乱の時代に、日本に孫子が伝わっていたか否かは知りませんが・・・)。しかし、”人を致して人に致されず”、の記事でも記載しましたが、分かっていてもそれを実行する事は、難しいと言う事です。しかし、義経は、これを見事にやってのけ、続く屋島、壇ノ浦でも平氏を撃破し、滅亡に追い込んだわけです。にもかかわらず、頼朝に最後には、平泉(別記事で毛越寺金色堂で有名な中尊寺を紹介しております)で打たれてしまう訳です。これは、頼朝の義経に対する恐怖心以外の無いものでもない気がしてしまうのは、私だけですようか?

源平屋島古戦場Map

【最後に】

ちょっと、勝手な考察をさせて頂きましたが、皆さまはどう思われましたでしょうか? 「正を以って合し、奇を以って勝つ」を最も実践でやってのけたのは、源義経であったが、「言うは易し」も、実行が難しい孫子の教えを、やってのけてしまう才能によって、抹殺されてしまった・・・。才能に食べられてしまった感じもします。現代でも、ものすごい才能がある人が、自殺したり、ドラッグに手を出したりと、自身の才能に食べられてしまうようなケースを耳にする事もあります。凡人には、到達できない心持を感じている事でしょうから、そういった人が近くに出てきた時には、少しでも力になれるように出来たらいいなと思った次第です。

(本ブログの別記事で、個人的に選んだ、「孫子の教え一覧」も記載していますので、併せてご参照ください)

壇ノ浦古戦場

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA