孫子の教え・名言集の一覧

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【はじめに】

今回は、これまでいくつか紹介させて頂きました、孫子の教えを取りまとめ、(個人的ですが)名言集として、一覧を記載させて頂きます。取り上げている名言(教え)は、以下の17個です。

「兵は拙速を聞くも、未だ巧久しきを睹ざるなり」

「風林火山」 

「迂直の計」

「百戦百勝は善の善なるものにあらず」

⑤「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず

⑥「人を致して人に致されず

⑦「囲師には必ずかく

⑧「正を以って合し、奇を以って勝つ

⑨「勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく

⑩「先ずその愛する所を奪わば、即ち聴かん

⑪「善く戦う者は、これを勢に求めて、人に責めず

⑫「呉越同舟

⑬「軍を縻す

⑭「兵を形すの極は無形に至る

⑮「死地に陥れて然る後に生く

⑯「君命に受けざる所あり

⑰「爵禄百金を愛んで敵の情を知らざる者は不仁の至りなり

以下に、サマリ版をまとめさせて頂くと同時に、日本の歴史に関連する武将や事象も含め、詳細をそれぞれのリンク先の別ページに記載していますので、そちらのページと合わせ、参照頂けますと幸いです。それでは、以下にまとめます!

「兵は拙速を聞くも、未だ巧久しきを睹ざるなり」

 ・メッセージの個人的理解:

「戦は長期戦を想定するよりも、なるべく短期決戦を想定し、迅速に行動すべし」と言った感じでしょうか。もう少し、個人的な見解を踏まえるなら、「ダラダラ行動せず、決める時には、スパッと決める」といったところでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

豊臣秀吉の「中国大返し」、「美濃大返し」

 ・個人的な学び:

「ここが勝負所」と認識する力や、「本当に勝負する時に周囲から協力を得られるだけの人間力」と言ったものが、同時に必要なのでしょうが、これらと同様に、「勝負する時に拙速に行動できる力」も必要

「風林火山」 

(正確には、「風林火山」と言う言い回しは、孫子の中には無いようで、後の人がキャッチフレーズ的に創作したようです・・・)

 ・メッセージの個人的理解:

「メリハリをつけて動くことが重要」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

武田信玄の軍旗

 ・個人的な学び:

「迂直の計」を遂行するための方法論

「迂直の計」

 ・メッセージの個人的理解:

「急がば、回れ」とは別で、もう少し戦略的で、「自身が達成したい目的を明確に決め、それを最短で実行するも、その目的や意図は秘匿し、もしくは情報操作し、相手を翻弄し、自身を有利な状態に導くことで、効率的に自身の達成したい目標を成し遂げる」と言ったところでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

「三方ヶ原の戦い」における「武田信玄の戦い方」

 ・個人的な学び:

最終的に成し遂げたい目的とその戦略、そしてそれを実現する為の相手に対する情報の出し入れの重要性

「百戦百勝は善の善なるものにあらず」

 ・メッセージの個人的理解:

「戦わないで勝った方が、戦って勝より、得だから」戦わないで勝つ事の重要性だが、そもそも「物理的な戦いになる前に、頭脳で戦う」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

「小牧長久手の戦い」以降の「秀吉の家康に対する外交戦略」

 ・個人的な学び:

物理的戦闘は、あくまでも最終手段で、最終手段は、最終なので、その後はなく、最終手段を取った段階で、終わってしまう事/物が、数多くある事

⑤「彼を知り己を知れば百戦して殆うからず

 ・メッセージの個人的理解:

「自軍の戦略や、Keyとなる人材の長所や短所、使える武器やお金等の情報は勿論、同じように敵の戦略や、人材、武器、お金等の情報を持っていれば、何度戦っても、負ける事は無い」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

徳川家康が、不利と思われる「関ケ原の戦い」にのぞんだ事とその結果

 ・個人的な学び:

相手に対し、自身がジャッジをするための情報収集と分析の重要性

⑥「人を致して人に致されず

 ・メッセージの理解:

「自身が主導権をもって、事を有利に進める事が重要なので、そうなるように、万事準備して、進める必要がある」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

「織田がつき羽柴がこねし天下餅すわりしままに食うは徳川」フレーズ

 ・個人的な学び:

主導権を取る事の重要性と、そのタイミングの難しさ

⑦「囲師には必ずかく

 ・メッセージの個人的理解:

「窮地に追い込まれた相手に対しては、包囲するのでなく、逃げ道を残しておきましょう」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

大村益次郎の「上野戦争」

 ・個人的な学び:

「いじめによる自殺」といった問題には、この考え方は、良い解決策になるのでないか?

⑧「正を以って合し、奇を以って勝つ

 ・メッセージの個人的理解:

「正攻法だけでも、奇策だけでもダメで、基本は基本としてしっかり押さえ(正攻法)、その上で応用(奇策)をする事が必要で、また、その奇策(応用)もあくまでも正攻法(基本)をベースにものである事が必要」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

源義経が実践した、「鵯越の逆落とし」

 ・個人的な学び:

義経は自身の才能に飲み込まれてしまったかもしれないので、才能ある人が目の前に出てきた時には、出来るだけサポートすべき

⑨「勝兵は鎰を以て銖を称るがごとく

 ・メッセージの個人的理解:

「戦をするのであれば、勝てるときに誰もが勝てるように、安全に勝ちましょう」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

豊臣秀吉の「小田原攻め」

 ・個人的な学び:

「北条は滅亡、伊達は生延びる」から、時には長いものに巻かれることも必要

(北条氏の居城の小田原城(作成中)と伊達家の居城仙台城については、別記事で紹介しています)

⑩「先ずその愛する所を奪わば、即ち聴かん

 ・メッセージの個人的理解:

「相手の強みをたたけば、流れはこちらに来る」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

長篠・設楽原の戦い

 ・個人的な学び:

目には見えない「流れ」を、感度良く感じる事、流れの方向(追い風? / 逆風?)を理解する事は、難しいが、この流れを適切に感じ取り、それを活かす方法を考え出す事もまた才能で、非常に重要

⑪「善く戦う者は、これを勢に求めて、人に責めず

 ・メッセージの個人的理解:

「戦上手な者は、一人一人に、ガンバレ、と言うのでなく、組織全体に、”勢い”、を持たせることで、勝利を手繰り寄せられる人材」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

河越夜戦」(「河越夜戦における戦いの経過」に付き勝手な個人的仮説も別記事で紹介しています)

 ・個人的な学び:

勢い(=波に乗る)と事の重要は理解できるが、更に重要なのは、「どうやって、”勢い”、に乗るのか?」が、一番の課題

⑫「呉越同舟

(正確には、「呉越同舟」と言う言い回しは、孫子の中には無いようで、エピソードがあるのみの様です・・・)

 ・メッセージの個人的理解:

「互いに敵同士でも、それぞれが厳しい環境に置かれ、互いの利となる目的を共有できれば、協力し合う事が出来る」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

「薩長同盟」

 ・個人的な学び:

現在の政治の世界でも、ビジネスの世界でも同様の事象(「目的を共有すれば、うまくいくのに」と思える事象)が、散見されるが、「どうやって目的を共有して、行動のベクトルを合わせるのか」は更に難しい

⑬「軍を縻す

 ・メッセージの個人的理解:

「君主はしっかりとエンパワーメントを行って、現場が最善の策と行動を、遂行できるようにしなければならない」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

石田三成の「忍城攻め」

 ・個人的な学び:

「軍を縻す=船頭多くして船山に上る」なので、指示を出す側は、「エンパワーメントする所はする」その環境を作る事が重要

⑭「兵を形すの極は無形に至る

 ・メッセージの個人的理解:

「「無敵の軍=形がない軍」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

織田信長の「桶狭間の戦い

 ・個人的な学び:

自身が得る情報も、相手が得る(得ているかもしれない)情報も、どちらも重要性を強く認識する必要がある

⑮「死地に陥れて然る後に生く

 ・メッセージの個人的理解:

「自軍の兵を逃げ場のない場所において、覚悟を決めさせる環境を作り、自軍の兵力を最大限に引き出すこと」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

毛利元就の「厳島の戦い

 ・個人的な学び:

危機感をあおったり、死地に入れる事は、現代社会では、許されないので、「ここが勝負と思った時は、しっかりとした意思をもって行動する」ことを心掛ける

⑯「君命に受けざる所あり

 ・メッセージの個人的理解:

「たとえ君主の命令であっても、受けては(実行しては)いけない命令がある」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

「両兵衛(りょうべえ=黒田官兵衛と竹中半兵衛)の逸話」(黒田官兵衛の嫡男、松寿丸(後の黒田長政)の処刑の指示が信長からあったが、竹中半兵衛が匿った)

 ・個人的な学び:

「君命に受けざる所あり」。確かに素晴らしい考え方だが、高い志と、強い信頼感がないと実行できない、難しい教え

⑰「爵禄百金を愛んで敵の情を知らざる者は不仁の至りなり

 ・メッセージの個人的理解:

「戦には、莫大な費用が掛かっているのだから、それを成功に導くための情報を、お金を惜しんで、ないがしろにして、情報収集をを怠る事は、あってはならな事」と言った感じでしょうか?

 ・日本史に見られる実例(個人的見解):

「砥石城の戦い:砥石崩れ~砥石城の乗っ取り」(武田信玄が力攻めで、敗北を喫したが、真田幸隆は調略により、城を奪取した)

 ・個人的な学び:

戦国最強とも言われる信玄も、失敗から情報収集の必要性を学んだかもしれないと思うと、情報収集の大切さと同時に、失敗から学ぶことの重要でも必要

【最後に】

以上になります。 ”孫子”に関しては、Wikipedia の力を借りますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/孫子_(書物))、”『孫子』(そんし)は、紀元前500年ごろの中国春秋時代の軍事思想家孫武の作とされる兵法書。武経七書の一つ。古今東西の兵法書のうち最も著名なものの一つである。紀元前5世紀中頃から紀元前4世紀中頃あたりに成立したと推定されている。”、とあります。2500年も前の兵法書で、古典の中の古典と言う事でしょうか? 勿論、現代版のものしか、私には読む事は出来ませんが、「端的でシンプルな文章は、読む側の状況に応じて、理解し、考えを巡らせる為のベースとなる、原理原則が書かれた書物」、と言った認識を個人的に持っております。個人的な理解や、学びを記載させて頂きましたが、皆様も皆様なりの理解をしてみるもの楽しみ方の1つでないかと思った次第です。詳細をそれぞれ別ページに記載していますので、参考になれば幸いです。

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA