街道と海道

【背景:五街道とは】

今回は、”海道”と呼ばれた”街道”、を考えてみたいと思います。

皆さんは、五街道はご存じですよね? 東海道中山道甲州街道日光街道、奥州街道ですね。Wikipedia によると(https://ja.wikipedia.org/wiki/五街道)、

五街道(ごかいどう)は、江戸時代の江戸・日本橋を起点に伸びる東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道の五つを指した陸上幹線道である。1601年(慶長6年)に徳川家康が全国支配のために江戸と各地を結ぶ以下の5つの街道を整備し始め、2代将軍秀忠の代になって基幹街道に定められた”

とあります。江戸時代に整備された事は、知っていましたが、江戸時代でも随分と早い段階で、整備されたのですね。東海道中山道の記事でも触れましたが、これは、五畿七道の元に整備された道が元々ベースとなったので(東海道は東海道、中山道は東山道)、スピーディーに整備できたのでないかと、勝手に推測してしまいます。

【海道と呼ばれた街道は、何処の街道?】

東海道中山道(甲州街道もですが)、別記事で触れていますので、ここでは、海がないのに「海道」と呼ばれた、街道を取り上げてみたいと思います。

調べてみると、色々なサイトに出てくるのは、以下4点の(恐らく)事実です。

  • 五街道の内、「甲州街道日光街道、奥州街道」は、「甲州海道、日光海道、奥州海道」であったと言う事。
  • また、甲州や下野には海がないのに、「海道」はおかしいだろうと新井白石が幕府に意見した事。
  • そして、それに従い、幕府は正式名称を、「道中」としたと言う事。
  • しかし、この「道中」と言う言葉よりも、「街道」と言う言葉の方が、理由はわからないけど、市民権を得たと言う事。

これらの4点が、共通して出てくる内容になっています。これは恐らく事実として、正しい事なのでしょうが、私としては、なぜ、「最初は海道だったのか?」、そして「なぜ、道中でなく街道なのか?」と言う2点が気になってしまいました

Map:東海道と中山道の追分・草津追分

【海道と呼ばれた街道に関する、勝手な考察】

上記考えるにあたって、仮に、五街道の2大街道である、東海道中山道をまず考えてみると、

  • 東海道は五畿七道の始まりから、東海道と言われていた道で、河口付近の大河との闘いである、海側の道
  • 中山道は五畿七道がベースの時代の東山道をベースにした峠との闘いである、山の道

(東山道の「東」を「中」に、わざわざした理由は、「?」ですが・・・)それぞれしっくりきます。

故に、これにならって、3つの街道に名前を付けるのであれば、どれも山の道なので、「甲州山道、日光山道、奥州山道」(読み方は、センドウ?、サンドウ?:こだわりはありません・・・)になるのでしょうが、私にはしっくりきません

では、正式名称である「道中」では、どうでしょうか?「甲州道中、日光道中、奥州道中」。いかがですか? 正式名称と言われているので、おかしくない感じですが、「道中」と言われると、道その物を指している様に感じない為、これも私には、しっくりきません

では、「街道」は如何でしょうか?甲州街道日光街道、奥州街道」。一番しっくりくるのは、私だけでしょか? 恐らく普段から使っているから、しっくりくる可能性はありますが、甲州日光・奥州と地名(=街)があるので、そこに伸びる正にその道」の感じが出てきませんか?

こうなってくると、勝手な推測として・・・。

『徳川幕府としては、自身にゆかりの深い、東海道をベースに、(恐らく無意識に近い状態で)同じ道だから、甲州日光・奥州にも、「海道」と名付けた。しかし、「海もないのに・・・」と違和感を一般市民は感じており、その後に「道中」と言われても、「道」その物のイメージには足りない為、まだ100%しっくりこなかった。しかし、「栗(九里)より(四里)うまい十三里」(川越のサツマイモのキャッチフレーズ)、の様に、文字るのが得意な日本人は、「海道」を同じ読み方で、「街道」にすると、最もしっくり来たので、この呼び方が市民権を得た』と言う、勝手な推測をしてしまいました。 (以下地図の通り、付近に海はありません・・・)

Map:甲府城址

Map:宇都宮城址

【最後に】

正直、呼び方なので、何でも良い気はしますが、やはり、「しっくりくる感覚」は、重要と思い、物事の理解も進みますし、覚える事もたやすくなると思います。故に、「海道」ではなく、「道中」でもなく、「街道」が今に生き残ったのでないかと思った次第です。別の記事で触れました、落合追分分水嶺、状況を踏まえた名称で、非常に日本らしいと思ってしまうのは、私だけでしょうか? 皆さんの周囲にも、しっくりくる名称、しっくりこない名称あ、それぞれあると思いますので、それらを考えてみるもの、大人の楽しみ方ではないかと思いました。

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA