青巒荘@湯河原

【はじめに:青巒荘へのアクセス】

数年前のゴールデンウィークに、湯河原、真鶴小田原熱海を回る旅をさせて頂きました。今回は、その際に拠点とさせて頂いた、奥湯河原にある、大人温泉宿、青巒荘をご紹介します

こちらのお宿に4泊お世話になり、 湯河原、真鶴小田原熱海 、とそれぞれ回らせて頂きました。奥湯河原と言うと、湯河原駅からかなりの距離がある様に思えますが、以外とそんなに遠くなく、それぞれの観光地には、ストレスなくアクセスできました。( 湯河原、真鶴小田原(小田原城含む)、熱海 の観光情報は、別記事でご紹介していますので、そちらも併せて参照ください)

青巒荘は、距離的には、湯河原駅から5㎞程ですので、歩いてもアクセス可能だと思います(行きは登りなので、ちょっときついかもしれませんが・・・)。同時に、バスも宿のすぐ目の前から多く出ており、移動にあまりストレスは感じませんでした

事実、私達夫婦は、湯河原に行く前に、真鶴岬に足を運び、その後湯河原へ移動。まず最初はタクシーを使って、宿までの行きましたが、翌日は徒歩で、途中様々な滝や美術館、公園、寺社仏閣を巡りながら、湯河原駅まで行き、食事をして、バスで宿に戻りました(さつきの郷だけは、タクシーを利用しました)

翌日は、小田原、その次の日は熱海へそれぞれ行ったのですが、宿と湯河原駅の間の移動は、いづれもバスを利用と言った感じで、移動にストレスはなく、この地域における観光の拠点としては、最適だと思った次第です。

【青巒荘のおすすめポイント】

上記の通り、以外とアクセスも良い、青巒荘ですが、こちらのお宿をご紹介する理由は、以下の4点です。

① 客室に温泉の引かれたお部屋がある

やはり温泉地に行ったら温泉その物を満喫したいものですよね。その際に温泉がお部屋に来ていると、入りたい時に入れるので、私達夫婦は、温泉付きのお部屋をなるべく探します。

しかし、客室露天だと高くなってしまう事も多々あるので、その際は露天風呂ではないが、温泉が部屋に来ているお宿を探します。こちらの青巒荘は、新館等、部屋数は限られるようですが、温泉を客室まで引いたお部屋があるのです。温泉を満喫できるお部屋が、リーゾナブルに利用できるのが、青巒荘なのです(私達夫婦は、新館のお部屋を利用させて頂きました)。

② 食事なしプランがあり、宿でのお食事と外での食事を組み合わせて楽しめる上、リーゾナブルに宿泊できる

1泊であれば、宿のお食事で十分満足ですが、2泊以上になると、折角だから宿の外で、その土地の物を食べたくなるものだと思います。それを実現するのが、食事なしプラン。

中々食事なしプランをしていない温泉宿も多いのですが、こちらはGWの中でも食事なしプランがありました。外で食事ができる楽しみを得る事が出来、宿泊費も抑えられる。そんな事が実現できる宿なのです。

今回の宿泊においては、2泊は食事なしプラン、もう2泊は、2食付プランのハイブリッドで、お世話になりました(お宿での食事も楽しみの1つなので!)。

③ 若干の古さはあるが、逆にそれが歴史を感じる事が出来、大人がしっぽりできる宿

創業、約100年との事なので、その時代からの建物ではない部分があったとしても、建物その物は、それなりの古さがあります。しかし、しっかり手入れのされた建物は、逆に歴史を感じさせてくれるもので、大人が宿泊すると懐かしを感じさせてくれます

宿泊棟から、下記の露天風呂に行くには、公道の下の地下通路を行くのですが、その廊下がたまりません。心を穏やかにしてくれます。また、お庭もあり、館内の散策は、興味深いものでした。

④ ダイナミックな滝を見ながら入れる露天風呂がある

青巒荘の一番の売りだと思います。上記の地下通路を抜け、川を渡り、この露天風呂(野天風呂)に行くのですが、お風呂からも、橋からもこの滝を見る事が出来ます。

こんなダイナミックな滝を見ながら浸かる温泉は、他では中々味わえないシチュエーションで、青巒荘を訪れた際には、必ず行って頂きたい露天風呂です。

【最後に】

上記の様に、

①客室に温泉の引かれたお部屋がある、

②食事なしプランがあり宿でのお食事と外での食事を組み合わせて楽しめる上リーゾナブルに宿泊できる、

③若干の古さはあるが逆にそれが歴史を感じる事が出来、大人がしっぽりできる宿、

④ダイナミックな滝を見ながら入れる露天風呂がある、

と4点、青巒荘をおすすめするポイントを紹介させて頂きました。これに加え、一番初めに記載した通り、「奥」湯河原と言っても、決して真鶴小田原熱海等の観光地に(勿論湯河原の町中にも)、車でなくとも、アクセスは良好です。

この地域における観光の拠点として、最適の大人温泉宿が、青巒荘だと思った次第です。皆様も 湯河原、真鶴小田原熱海 方面への旅の計画がある際は、「青巒荘」を候補の一つに考えてみては、いかがでしょうか?( 湯河原、真鶴小田原(小田原城含む)、熱海 の観光情報は、別記事でご紹介していますので、そちらも併せて参照ください)

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA