南條旅館

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【はじめに】

今回は、長野県上田市の別所温泉にある、南條旅館(http://www.nanjyoryokan.com/)を紹介させて頂きます。

度もお邪魔している、上田市。上田城旧北国街道の街並み別所温泉街の散策少し別所温泉郊外への散策で松茸をリーゾナブルに頂けるレストラン近隣では、東御市の海野宿小諸城址懐古園善光寺周辺の散策川中島合戦の武田方の拠点・海津城(松代城)上山田ホテル旅亭たかの等々、様々別記事で紹介させて頂いている様に、私達夫婦にとってお気に入りのエリアで、よくお邪魔する地域です。そんな地域にある、別所温泉の南條旅館を今回は、紹介させて頂きます。一番最初に別所温泉に参らせて頂いた際には、花屋を旅の拠点にさせて頂きました(別記事参照)。建物の多くが、重要文化財のこちらの旅館、格式が高く、非常に素晴らしい旅館なのですが、価格の方も中々でした。その為、「別所温泉で、客室で温泉が楽しめ、リーゾナブルな宿はないか?」と探し、行きついたのが、こちらのお宿、南條旅館です。

Map

【南條旅館の概要と過ごし方】

南條旅館は、別所駅を降りて、温泉街の方に向かって歩き、花屋を通り越した、ちょっと先にあります。徒歩で10分くらいだった記憶です。行き方としては、3つのケースを、気分に応じて利用します(私達夫婦の住まう川越からのアクセスです)。1つ目は車、2つ目は新幹線、3つ目は高速バスです。車で、関越・上信越と行き、上田菅平で降りれば、すぐなので、このパターンで参った事もありますが、一番多いのは、電車。大宮から上田まで新幹線を使えば、川越から2時間もしないで、上田に着いてしまいます。しかし、一人6000円近くしますので、ちょっと高額。なので、高速バスと電車の組み合わせを行う事もあります。「バス?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、川越的場と言う高速バスのバス停があり、そこから上田駅まで、高速バスで行けるのです。そしてその料金は、3000円程度。新幹線を使った時の約半分です。このバスは、池袋から出ているバスなので、都内の方は、もっと活用しやすいかもしれません。いづれにしても申し上げたいのは、(別所温泉全体に言える事ですが)「アクセスしやすい」と言う事です。

南條旅館館内図
南條旅館館内図

そんな南條旅館、少々古めですが、温泉を十二分に楽しむ事が出来ます。大浴場は、男女1つずつですが、恐らく、3部屋しかないと思いますが、客室に温泉給湯しているお部屋があるのです。お部屋に温泉が来ていないなお部屋がほとんどですが、こちらのお部屋(離れ特別室(檜風呂付き))を確保できれば、温泉に入りたい時に、いつでも入れる環境を手に入れる事が出来るのです。特別室とありますが、部屋その物は、そんなに広くない和室です(写真の館内図:111、112、113のお部屋がそうだと思いますが、いつも宿泊させてもらうのは、113です)。でも夫婦2人であれば十分なスペース。また、離れとありますが、「旅館内の一番奥のスペースにお部屋がある」と言った感じで、いわゆる一軒家のような感じではありません。しかし、周りが気になる訳でもありません。そして、最も重要なのは、「客室に温泉給湯していますが、露天風呂ではない」と言う事です。恐らくこれらの要素があって、別所温泉の周辺のお宿と比べ、リーゾナブルな価格設定になってると理解しています。他の宿は、温泉給湯の部屋では、露天になっているケースが多く、それで金額が上がるのでしょうが、温泉は温泉ですので、露天でも内風呂でも、客室に温泉給湯されている事が重要です。連休にお邪魔した際であっても、2人1泊、4万位(朝食夕食も勿論ついて)だった記憶なので、温泉重視の私達にとって、こんなリーゾナブルな価格で、温泉給湯のこのお部屋は非常に魅力的です。

南條旅館館 お部屋の様子とお部屋に付いた温泉給湯のお風呂
南條旅館館 お部屋の様子とお部屋に付いた温泉給湯のお風呂

そして、お料理。別所温泉のお宿に秋にお伺いすれば、ほとんどのお宿で、松茸を使ったお料理を選択できるお宿がほとんどだと思います。勿論こちらの南條でも、松茸を堪能でき、至福の時間を過ごさせて頂きました。やはり別所温泉は、温泉と松茸を味合わなければならない所なので、どうしてもお伺いするのは、秋のケースが多くなってしまいます。

別記事で紹介させて頂きました通り、別所の温泉街の散策も楽しめますし、少し足を延ばせば、上田城海野宿小諸城址松代城(海津城)と歴史好きには、たまらないスポットが多数あります。そもそも別所温泉が、「幸村の隠し湯」と言われているくらいですから、歴史を感じる場所である事間違えありません。温泉、松茸、歴史を同時に堪能してこそ、別所温泉における適切な過ごし方だと思い、これをリーゾナブルに実現できるのが、南條旅館だと思います。

【最後に】

こちらの南條旅館の入口に、ある石碑があります。”浩宮皇太子殿下御宿泊処”、とあります。「現在の天皇陛下が皇太子時代にお泊りになられたお宿」、と言う事だと理解しています。別記事で紹介しました、武田信玄の重臣・山縣昌景を祖先に持つ笛吹川最上流部に近い温泉宿の山縣館にも、同じ様に、「現天皇陛下が皇太子時代にお泊りになられたお部屋」とうたったお部屋があるのですが、今の天皇陛下は、皇太子時代にあちこち行かれていたんだと、思った次第ですそんなお宿、南條旅館ですが、上記の通り、温泉給湯ながら、リーゾナブルなお部屋がある、温泉好きであれば、見逃せないお宿です。上田やその周辺観光、松茸や温泉を楽しむ旅、歴史を楽しむ旅、をお考えの際には、こちらの南條旅館も候補の一つとして、リストアップしてみては、いかがでしょうか? また、別の記事(上田城や旧北国街道の街並み別所温泉街の散策少し別所温泉郊外への散策で松茸をリーゾナブルに頂けるレストラン東御市の海野宿小諸城址懐古園善光寺周辺の散策川中島合戦の武田方の拠点・海津城(松代城)等)と含め、皆様の旅のプランニングにお役立ち出来る事を切望しております。

別所温泉周辺の観光情報と浩宮皇太子殿下御宿泊処の石碑
別所温泉周辺の観光情報と浩宮皇太子殿下御宿泊処の石碑

以下、Googleマイプレイス(マイマップ)で作成した地図を、アプリ・GogleMpsで、位置情報をONにしてスマホでご利用頂くと、紹介したスポットを、自身の位置確認しつつ大人散策する事が出来ます!

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA