クラビー札幌

【はじめに】

本日は、札幌にあるホテルクラビー(https://clubby-sapporo.jp/)を紹介致します。

札幌には、出張でかなりの回数、数年にわたり参らせて頂きました。多い年では、年間50泊位していたと思います。それだけ通うと、もはや通勤で、最初の内は、札幌勤務の人たちとお食事をする事もありましたが、1か月もすると、東京に帰る時に、「また来週!」と言われる始末です。

それだけ通ったので、仕事、プライベートの両面で、ホテルもかなりの数に宿泊させて頂きましたし(プレミアホテル TSUBAKI 札幌プレミアホテル 中島公園 札幌は、別記事で一部紹介しています)、レストランも、おいしい所をいくつか見つけました(札幌のレストラン情報としてステーキ円山エルムガーデンうにむらかみも紹介しています)。そんな中で今回は、私が出張の上で最も多く利用させて頂いた、ホテルクラビーを紹介させて頂きます。

【ホテルクラビーのおすすめポイント】

札幌で、かなりの数のホテルに宿泊させて頂きましたが、クラビーが一番多かった事、間違えありません。「来週また来ますので、クリーニングお願いします」と、週の宿泊をまたいでワイシャツのクリーニングを、お願いさせて頂いたほどで、「まずはクラビーを調べ、空室がなければ、別のホテルを調べる」と言うのが、最も多いはパターンでした。私がそれだけ、クラビーに通った理由を以下に記載します

① 部屋が広い

これは、私にとってかなり大きなポイントです。こちらのホテル、一番小さな部屋でも、30㎡弱です。ソファーもついてかなりゆったりできるスペースが確保されています。また、かなり通ったせいか、空いている時には広い部屋にしてくれ、デラックスの部屋であれば、40㎡弱あります。出張でこれだけのスペースを確保できるのは、中々ないと思います。

② バストイレ別なので、湯舟に浸かれる

こちらも、私にとって、重要なポイントでした。札幌に通い始めた頃は、夜同僚と食事をする事も多かったので、宿に戻りシャワーを浴びて寝るだけでしたが、出張も回数を重ねると、直帰でホテルのケースがほとんどになってきます。この際、宿に戻って、湯舟にお湯を張り、ゆったりとお風呂に入るのです。ほとんどのホテルは、バスとトイレが一緒のパターンで、湯舟は浅く、基本湯舟に浸かる事を想定していないと思いますが、こちらは、一般的な家庭用のお風呂と一緒です。出張先で、湯舟に浸かるのは、結構嬉しいものです

② 大きすぎないので、コミュニケーションがとりやすい

総部屋数は、100ちょっとのホテルと認識していますので、結構コミュニケーションが、アットホーム的な部分があり、融通が利きます。上記に記載した、「また来週きますので、クリーニングお願いします」とは中々言えませんが、ここでは普通に対応くださいました。ほとんどのケースが、2泊だったので(たまに3泊)、ワイシャツを2枚持っていくのでなく、1枚だけ持っていけば良かったので、荷物も少なくなり、大変助かりました。

③ 雰囲気が良い

広すぎず、でも狭すぎず、そしてホテル全体の雰囲気が、落ち着ており、過ごしやすいホテルです。道をは挟んだ反対側には、サッポロファクトリーがあり、レンガの建物を部屋から見る事が出来ます

④ お土産を含め、買い物がしやすい

こちらのホテルクラビーとサッポロファクトリーは、地下でつながっていました。レストランや様々なショップの入るモールと地下でつながっているのです。ちょっとした買い物やお土産等、アクセスも良く、非常に便利です。

⑤ 朝食がおいしい

正直札幌で食事がおいしくなかったことは、ほとんどないのですが、こちらの朝食も中々おいしいです。正直これだけ通うと、食べる物もいつも同じになってしまうのですが、全く飽きず、食べ続ける事が出来ました。特に玉子系のお料理がおいしかった記憶があります(そのまま、卵かけごはんでもおいしかったのですが・・・)

⑥ フィットネス(温泉付き)が使える

こちらも重要です。ホテルの併設でスポーツクラブがあるのですが、こちらを宿泊者であれば、若干の追加料金で利用できます。ジムもですが、スパがあり、温泉に入る事が出来るのです。飛行機を早める事が出来、早く着いた時や、夜仕事仲間との食事もなく、思いがけず早く宿に戻ってしまった際に、たまに利用させて頂きました。

⑦ それでいてさほど高くない

上記の感じですが、札幌駅近くにある、大きめのホテルよりも、安い傾向でした。確かに駅から若干離れていますが、15分程度で歩けます。仕事で行くなら、会社のお金なのであまり高い所に泊まれませんが、こちらは、上記の感じで、しかも逆に安い。であれば、15分歩いた方が、大人の選択と言えると思います(私は真冬でも革靴で歩きましたが、雪道に不慣れな方は、お気お付けください。タクシーでもワンメーターで行けましたので)。

【最後に】

上記の通り、札幌出張には、ホテルクラビーをおすすめします。自分のお金なら、気にしない部分も、会社のお金となると、金額は結構シビアになりますよね。でも、「宿泊における快適性と言った物は、キープしたい」と言うのが心情だと思います。人それぞれ、何を基準にして、何にプライオリティーを置くかは違うと思いますが、上記私と同じ、もしくは近い、基準・プライオリティをお持ちの方の札幌出張における宿の選択において、ホテルクラビー札幌は、良い大人の選択だと思います。

(本部ブログ別記事で、北海道に関連する記事として、札幌市内の観光情報札幌周辺(芸術の森)のポタリング情報小樽の観光情報函館五稜郭その周辺の観光情報、レストランでは、ステーキ円山エルムガーデンうにむらかみも紹介しています))

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA