甲府 談露館

【談露館の概要】

別記事で、湯村温泉の常磐ホテル柳屋を紹介させて頂きました。常磐ホテル柳屋には、客室温泉露天のついたお部屋がある為です。しかし、この2つのお宿は、若干駅から離れており、徒歩だと30-40分かかります。私達夫婦は、散策がてら全然歩きますが、多くの人は、タクシーを利用されているようです(勿論車が、大多数でしょうが・・・)。

一方、今回紹介します、”ホテル談露館” は、甲府駅から徒歩10分かかりません。私が知る限り、「甲府駅から最も近い、客室温泉露天のある宿」が談露館だと思います。本日は、こちらのホテル、談露館をご紹介致します。

談露館の内部の様子
談露館の内部の様子

談露館は、こちらのホームページによると、130年以上の歴史を持つ、老舗のホテルだそうです。温泉もあり、小さいですが、また露天風呂はなく、内湯のみですが、大浴場で湯あみを楽しむ事が出来ます。効能は、”慢性関節リュウマチ、慢性筋内リュウマチこと腰痛、神経痛こと坐骨神経痛、神経炎、創傷、痛風、尿酸素質、慢性皮膚炎”、との事ですが、何といっても、その「湯の花」が特徴的です。”黒い湯の花”、との事で、最初利用させて頂いた時には、”なんか、海苔みたいのものが浮いているけど、なんだ?”、と思った程です。逆に言うと、この湯の花があると言う事は、効能豊かなお湯なんだろうと認識した次第です。

また、ホテル全体の雰囲気ですが、小さくはありませんが、巨大なホテルではありませんので、リラックスして利用できる感じがあります。ロビーも高級過ぎず、でもしっかしている印象で、フロントの方の対応は、いつも丁寧さを感じます。地元では会合等でも使われるホテルの様で、このホテルで会合があると言われると、「それなりにしっかりした会合なのね・・・」、といった印象を持つ、そんなイメージのホテルです(ブライダルもやっているくらいなので、当然と言えば、当然でしょうが・・・)。

談露館の内部の様子
談露館の内部の様子

そしてこのホテルのもう一つの特徴が、立地にあります。上記記載の通り、甲府の駅から近いと言う事もあるのですが、談露館の直ぐ近くが甲府の歓楽街と言う事です。直ぐ近くには、レストラン等が多数あり、食事に困る事はありません。会合・宴会等で、夜遅くまで友人達とワイワイ騒いで、終了後、即座に宿に戻る事ができ、部屋の温泉に浸かって、早々に休むパターンが可能になる訳です。

その為、こちらのホテルに宿泊させて頂く際は、ほとんどケースが素泊まりです。旅館に泊まると、食事なしのプランがないケースも多々ありますが、こちらの宿は、ベースが旅館でなく、ホテルと言う事なのか、常に食事なしプランがある事も、こちらのホテルを利用する理由なのですが、周囲に多くのレストランがある立地だからこそ、可能なんだと思う側面もあります

甲府駅南口にある武田信玄公の銅像と舞鶴城(甲府城)址
甲府駅南口にある武田信玄公の銅像と舞鶴城(甲府城)址

【お部屋の様子は?】

そんな談露館ですが、お部屋は基本は、洋室タイプのお部屋が基本の様です。私達夫婦は、客室温泉露天のついた和室以外、利用させて頂いた事は無いのですが、ホテルですので、洋室メインは、理解できます。しかしあえて私達夫婦がおすすめするのは、客室温泉露天のついた和室です

私の知る限りの情報ですが、和室は、数十ある部屋の中で、2-3室しかなく、その内の1つのお部屋だけに、客室温泉露天がついている認識です。12畳くらいの本間に、6畳くらいの続きの間、そこに4.5畳くらいの応接間(籐のソファとテーブルが置いてありました)、水回りも本間から廊下を通る感じで配置されているので、広さはそれなりにあります。また、本間と同じサイズ位のお庭も、この部屋専用で用意されていますので、ストレスは全くありません。そして更にそこに、客室温泉露天が付く訳ですから、甲府の中心街である事を考えると、結構贅沢な内容です。

それでいて、食事なしプランがある事も大きな理由でしょうが、金額はさほど高くなく、大体いつも、夫婦2人で、1泊素泊まりで、3万しない位の感じだった認識です。(お部屋は、3階に位置していたと思いますが、お庭に出ると、上の階のお部屋の窓から丸見えの様なので、お気を付けください。また露天風呂は、すだれがありましたが、防水のロールカーテンも設置されていました。露天風呂ご利用の際は、若干周囲の目を意識しつつ、ロールカーテンをうまく使って、利用される事をおすすめします)

談露館の温泉客室露天付きのお部屋の様子
談露館の温泉客室露天付きのお部屋の様子

【まとめ:甲府城(舞鶴城)祉も近い!】

甲府駅から近く、甲府の歓楽街も近い。1部屋しかありませんが、スペース十分で、ストレスの無いお部屋に、客室温泉露天が付いている。更には、食事なしプランがあるので、価格もリーゾナブル。こんな宿は、おすすめしない訳にいかないと思った次第です。そして、もう一点、こちらのお宿から、石垣が美しい、甲府城址(舞鶴城址)も近いと言う事も、最後にプラスの情報として、共有させて頂きます(武田神社も含め、別記事で紹介しています)。恐らく、写真にある甲府城址の入口まで、徒歩5分位で行けると思います。そんなメリットいっぱいの談露館ですので、皆様も甲府に機会がありますれば、こちらの宿を拠点に考えてみては、いかがでしょうか?

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA