甲州海道

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【はじめに:親近感はあるが、良くわかっていない甲州街道】

今回は、甲州街道を取り上げてみようと思います。現在の20号線にほぼ近しいルートを通る道で、江戸の日本橋から、信州の下諏訪まで整備された街道です。我が故郷、山梨県の北杜市を通る道で、親近感を覚える道ですが、旧甲州街道と現在の20号線は、全て同じルートを通ている訳でもないですし、宿場数や、歴史的背景もよく知りません。親近感がありながらも、よくわかっていない、この甲州街道を、言葉としてとらえ、少し遊んでみたいと思った次第です。

北杜市、台ケ原宿Map

【甲州街道の概要と宿場数に関する疑問】

上記の通り、よくわかっていない部分もあるので、改めて、Wikipedia で、”甲州街道”、と調べてみると(https://ja.wikipedia.org/wiki/甲州街道)、”甲州街道(こうしゅうかいどう)は、甲斐国(山梨県)へつながる道。江戸幕府によって整備された五街道のひとつ。甲州街道は、古甲州道をもとにして、江戸幕府によって整備された五街道の1つとして、5番目に完成した街道である。江戸(日本橋)から内藤新宿、八王子、甲府を経て信濃国の下諏訪宿で中山道と合流するまで44次の宿場が置かれ、江戸から甲府までの37宿を表街道、甲府から下諏訪までの7宿を裏街道と呼んだ”、とあります。江戸から下諏訪まで、距離にして、200㎞強。東海道中山道は、500㎞程度の街道で、東海道の宿場町は、53、中山道は、69です。比較するために、もう少し計算してみますと、仮に東海道中山道を、500㎞(中山道の方が、数十㎞長いとは思いますが、計算を簡単にするために・・・)、甲州街道を200㎞、として、それぞれの宿場数で出した、宿場間の平均距離を出すと、東海道は、9.43㎞、中山道は、7.81㎞、そして甲州街道は、4.54㎞となります。甲州街道は、東海道の半分以下です。東海道は、箱根(800m位)や鈴鹿(400m位)と言った峠はある物の、基本平坦で、海の街道。一方、中山道は、1200m位の碓氷峠や、1600mほどになる和田峠をはじめ、鳥居峠や馬籠峠といったところを通る、山の街道。大河が流れる、東海道は、増水で足止めされる事もあれば、あえて熱田-桑名間は海に逃げる、水との闘い。一方、中山道は、まだ大河に育つ前の川なので、増水による足止めも比較的少なかった様で、基本、山(標高)との闘いと言わ訳ですね。冬季は、より悪条件になるでしょうし、より体力を消耗したり、夜の山中は海側に比べ、危険もあると思うので、そう考えると、中山道の方が、宿場間の距離が短くなるのも道理だと思います。しかし、その中山道よりも、甲州街道の宿場間の平均距離は、短いので、どのような過酷な道だったのでしょうか? そう思い、調べてみますと・・・。目立った峠は、中央自動車道で、渋滞のトンネルとして、よく名前の出る小仏峠と笹子峠ぐらい(東海道中山道も含め、こちらのサイトを参考にさせて頂きました。中々面白いサイトです!:https://gpscycling.net/tokaido/)。「???」な感じです。目立った大きな川がある訳でもなく、「なぜ?」と言った感じです。

小仏峠Map

笹子峠Map

【甲州街道は、合宿で45宿32次 】

そこで、学生時代に、地元で聞いた言葉が、よみがえってきます。思い浮かんだ言葉が、”甲州街道は、45宿32次”。早速、”45宿32次 甲州街道”、と検索すると、ありました。甲州街道は二宿以上で交代務めをする合宿(あいしゅく)がある。例えば下高井戸と上高井戸間は1.6km、旅籠も各々2~3軒しかない。そのため宿駅の業務を一宿だけでは果たせないので、一カ月のうち半分を上と下で問屋業務を務めた。また小原や与瀬のように上り下りの片継もある。そのため甲州街道は一般には45宿32次といわれる”(http://koshu.toma-m.com/about.html)、とあります。また、Wikipedia では、44次ですが、内藤新宿を”宿”として、考えると、45宿と言う事頼しいです(近くの新宿追分があります)。納得です。200㎞÷32でも、6.25㎞なので、まだ中山道と比べても、差はありますが、そこは、「規模の経済」と言う事で、街道を通る人が少なければ、商売の効率も悪くなるので仕方ない」と理解する事にしました。

【甲州街道の意味・位置づけ 】

少し、理解が進んだので、改めて、Wikipedia を読み進めると、”近世には諸街道の整備が行われるが、甲州街道は徳川家康の江戸入府に際し、江戸城陥落の際の甲府までの将軍の避難路として使用されることを想定して造成されたという(その為、街道沿いは砦用に多くの寺院を置き、その裏に同心屋敷を連ねられている) (略) 八王子は徳川家康が武田氏の遺臣を召抱えて組織した八王子千人同心の本拠であった (略) ”、とあります(八王子千人同心の人たちが日光へ日の番として通って行った、川越・日高等を通る日光脇街道の杉並木も別記事で紹介しています)。江戸城からの脱出経路との事。確かに、江戸城の裏側、半蔵門から、甲州街道は、直結しています。この門は、堀で区切られることなく、地続きで、一般道とお城が直結しているので、すごく不思議な感じが以前からしていました。脱出用なので、最後まで、守り切る必要があるのであれば、納得です。また、その先の甲州街道を歩いてみると、確かに尾根道(甲州街道の両側が低い事、認識できます)で、戦いや警備も有利に進められそうとも思っていました。更に、その先の、新宿・大久保辺には、鉄砲の百人隊が置かれ、八王子には、武田家の旧家臣団を、家康が召し抱えて組織した、”八王子千人同心”、なる組織もあったとの事。こういった事かから考えると、確かに脱出経路だったのかもしれないと思ってしまいました。

八王子千人同心屋敷跡記念碑Map

【最後に】

山梨県北杜市出身の私にとって、五街道の末っ子である20号線(≒甲州街道)は、中央自動車道・中央本線とともに、故郷に帰る、メインストリートです。しかし、上記の通り、その道の宿場数等の基本情報はおろか、徳川家の脱出用としての道の役割や意図など、この年まで、しっかりと認識していなかった事、改めて思い知りました。こちらのページ、”http://koshu.toma-m.com/about.html”、で勉強させて頂きましたが、「街道」でなく、「海道」と最初は呼ばれていた事や、富士山や身延山(日蓮宗の総本山久遠寺がある)に続く、宗教の道である事を勉強・再認識させて頂き、改めて、上記の様な切り口で、また考えてみたいと、思った次第です。皆さまにも、身近な道や、思い入れのある道があると思いますが、改めてその道の事、少しだけでも、情報収集されてみると、面白いのでないかと思った次第です。私も、「街道」と「海道」は面白い切り口だと思ったので、また、言葉遊びをしてみたいと思います。

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA