聖天宮

【はじめに】

今回は、 坂戸市塚越と言う地域にある、聖天宮をご紹介致します。

私の住まう街、「川越」、は「小江戸」として有名で、蔵造りの街並みが残る、歴史情緒あふれる街で、多くの観光客の方が訪れてくださる場所です(別記事参照ください)。この川越のお隣に、坂戸市と言う、市があり、この市の塚越と言う場所(東武東上線の若葉駅から徒歩にして30分弱(2.5㎞程))に、聖天宮と言う宗教施設があります。こちらを発見したのは、正に偶然。東山道武蔵路/堀兼道川越児玉往還と言った、街道の痕跡を巡る散策途中に、発見しました。

畑が多く残る住宅街(畑のエリアの方が恐らく広いと思いますが・・・)に、突如周りの雰囲気とは、全く違ったオーラを放つ、中華街の入口の更なる豪華版とでも言う様な、建物が目に付いた訳です。宗教施設のような印象を持ちましたが、全くなんだか分らない、しかし非常に目立つこの建物を、今回は紹介したいと思います。

【聖天宮の基本情報:聖天宮とは?】

そもそもこの建物ですが、記載があるか否か不安を抱きつつ、Wikipediaを調べてみますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/聖天宮)、

”聖天宮 五千頭の龍が昇る聖天宮(ごせんとうのりゅうがのぼるせいてんきゅう)は、埼玉県坂戸市塚越にある台湾の道教の道観である(略)”

としっかり記載があります。道観とは、同じくWikipedia の力を借り、調べてみますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/道観)、

”道観(どうかん、拼音: dàoguàn ダオグアン)とは、道教教団において、出家した道士が集住し、その教義を実践し、なおかつ祭醮を執行する施設である。道教寺院 (略)”

とあります。簡単に言ってしまうと、”道教のお寺”、と言う事の様です。見て頂いた通り、外観も内部も豪華絢爛。仏教とは異なり、派手さを感じます。私は、仏教徒であるような、また神道の影響も大きく受けている感じの、いわゆる典型的な日本人で、宗教の事に関しては無頓着。道教と言われてもあまりピンときません。

しかし、それは置いておいて、純粋に建物を拝見させて頂くと、本当にすごい事認識できます。こちらの道教寺院のキャッチフレーズは、”五千頭の龍が昇る聖天宮”、とありますが、本当に5000頭の龍がいそうな感じで、朱雀(と勝手に)思もわれる鳥もいます。地上からの見た目も圧巻ですが、2階に登れるエリアもあり、これらの彫刻をまじかに見る事が出来ます。こちらのパンフレットによると、

”1981年より着工し、15年の歳月を経て、1995年に開廟した。現存する道観としては日本国内最大級である。装飾品は、台湾より運び、台湾の宮大工によって建造された”

とあります。道教の信者ではない私にとって、”長い歳月をかけて作られた、芸術作品”、として、深い感銘を受けた次第です。

【聖天宮の周辺情報】

実は、この聖天宮の周辺、古墳や寺社仏閣、城跡等、史跡が多くある様に思えます(この付近の大人散策・ポタリング情報を別記事で紹介しています)

古墳では、

神社では、

また、お寺では、

更に、城跡では、

つまりこの場所は、勿論大きい訳ではありませんが、昔は要所としての役割を持った、重要な場所と言う(勝手ですが)推測が出来る訳です。事実、まだ良く解っていない様ですが、東山道の脇街道にあたると思いますが(東山道武蔵路)、その痕跡が、勝呂廃寺・勝呂神社(https://goo.gl/maps/qRMnDnx1h8853KyX8)付近で見つかっている様ですし、鎌倉街道(こちらも脇街道だと思いますが・・・)が西にあったと言われており、八王子から日光に延びる、日光街道脇往還(別記事で紹介しております)が、東にある訳です。

更には、川越街道の延長にあたる、川越児玉往還が、すぐ近くを通っています(この街道上の少々北側で、越辺川を超える橋が、別記事でも紹介させて頂きました、時代劇のロケでもよく使われる、”島田橋” (https://goo.gl/maps/ga3yyc1xPLz4VS5F7)になります)。

つまり、現在は、「にぎやかな場所」とは少々言いにくい場所ですが、時代を遡ると、「それなりに重要な地域」と推察出来る訳です

こちらの聖天宮のパンフレットには、「台湾出身の康國典(こう こくてん)大法師が、大病に打ち勝つ事が出来たことに感謝し、「お告げにより」、この地(坂戸市塚越)に建立した」とありますが、こういった事実関係を見てみると、「お告げが本当にあったんだろーな」と思ってしまう気持ちになりました(建設当時は、今よりも開発が進んでおらず、目の前の道すらなかったようですし、現在の最寄り駅の若葉駅もなかったそうです・・・)。

【最後に】

こちらの聖天宮は、本当に立派な建物です。良く解ていない私が言うのも変ですが、道教の信者でなくとも、芸術作品として、楽しむ事が出来ます。少々駅(最寄り駅は、東武東上線の若葉駅)からも距離がありますので、上記に記載した、寺社仏閣や古墳等の史跡とセットで、ポタリング向けの場所でないかと思います。

そんな、坂戸市の塚越で、ポタリング・散策を、日本の歴史をたどる様な心持で、楽しんでみてはいかがでしょうか? そして最後に。近くに、ダチョウの卵が売っているスポットもあり(タイミングもあると思うのでいつもではないと思いますが)、ダチョウをまじかに見れる所もあります(詳細地図:https://goo.gl/maps/GeYhmswks9YSDchg7)。息抜きに、こちらも回ってみては、いかがでしょうか?

以下、Googleマイプレイス(マイマップ)で作成した地図を、アプリ・GogleMpsで、位置情報をONにしてスマホでご利用頂くと、紹介したスポットを、自身の位置確認しつつ大人散策する事が出来ます!

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA