入間散策・ポタリングルート

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【はじめに】

本日は、入間川両岸の狭山市・入間市の大人散策・ポタリングスポットを紹介します。この地域は、入間川の河岸段丘によって、低地と台地がはっきり分かれており、地形的にも面白いのですが、様々な時代を感じる事が出来るスポットがあり、歴史的にも魅力のあるエリアです。若干マイナーな感じもしますが、川越に近いエリアと言う事もあり、また入間市にお気に入りのレストラン(料亭?、うなぎ屋さん?)、”魚いち”、もある事から、私達夫婦が良く散策・ポタリングをするエリアでもあります。そんな若干マイナーながら、魅力的なスポットをいくつか紹介致します。ルートとしても見て頂ければ、ポタリング・散策の計画にもお役立ち出来るかもしれませんで、以下ご参照ください。

(別記事にて、季節の花々や紅葉、街道・城跡・古墳と言った史跡、名建築や街中のオブジェ等、様々Topicに応じた、様々な地域のポタリング・散策情報を記載しています。”ポタリング” の タグから記事の一覧を参照できますので、是非こちらもご参照ください)

【狭山市・入間市のポタリング・散策スポット(ルート)】

①城山砦跡

こちらもは、河越夜戦の城跡・陣屋跡散策の別記事で取り上げさせて頂きましたが、河越夜戦の舞台の一つになったと伝わる城(陣屋)跡と言われている場所です。狭山市のホームページによると、以下の様な記載があります。柏原にあります「城山砦跡(しろやまとりであと)」は、別名「上杉砦(うえすぎとりで)」とも呼ばれ戦国時代の砦跡だといわれております。その昔、天文14年(1545)、扇ヶ谷上杉朝定・山ノ内上杉憲政・古賀清氏こがはるうじとの連合軍8万余騎が北条綱成つなしげの守る川越城を攻めました。そのとき川越城は、わずか3千の兵でしたが、北条軍はよくはげましあって戦い、簡単には落城しませんでした。(籠城半年にもおよんだといわれています。)やがて、天文15年(1546)、川越城を助けるため北条氏康軍(早雲の孫)が駿河(静岡県)より8千余騎でもって、夜をさいわいにと猛攻撃をかけ、油断していた8万余騎の連合軍をみごと打ち破りました。10倍近い大軍を負かしたということから、後の世まで 『川越夜戦(かわごえやせん)』といわれ語り伝えられています。この時、上杉憲政などが陣をはったところが、柏原の城山であったといわれております。また、鎌倉時代の武将柏原太郎の館跡やかたあとではないかとの説もあります” (https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/dentou/minwa_densyo/kasiwabara_chiku/siroyamanohanasi.html)。山ノ内上杉氏の陣屋あとと伝わる場所の様ですが、こちらは、陣屋跡の遺構をよく確認できます。土塁跡も残っており、城跡好きには、それなりに興味深いスポットだと思います

詳細マップ:https://goo.gl/maps/p2BcHEmjdZTUuLEa9

城山砦の様子 (左から、河岸段丘の下からの眺め、河岸段丘側の入口、土塁)
城山砦の様子 (左から、河岸段丘の下からの眺め、河岸段丘側の入口、土塁)

②九頭竜大権現 (石碑)

「九頭竜」とWikipediaで調べてみると、「九頭竜伝承」と言う項目があり(https://ja.wikipedia.org/wiki/九頭竜伝承)、日本各地にその伝承が残っているようです。九頭竜は、川の流れをイメージ化した物と認識しており、急流の川の多い日本において、洪水等の被害を治める為の信仰の形と理解してよいのでないかと思います。狭山市のホープページ(https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/dentou/sekibutu/okutomi_chiku/kuzuryu.html)には、以下の様に記載されていました。”この石塔は入間川の堤防に沿った下奥富に祭まつられており、嘉永3年(1850)12月に造立されたものです。九頭龍くずりゅうとは、洪水のときの河川の荒れ狂う様子を九頭の龍の姿に見立てたものと考えられ、ここに九頭龍大権現を祭ったのは入間川の水の猛威を鎮しずめ、田畑を洪水から守ることを祈ってのことと考えられます。なお、九頭龍信仰のもとは、長野県の戸隠とがくし神社奥社の九頭龍大権現と考えられ、古くから豊作をもたらす神として信じられてきました”ちなみに、この九頭竜大権現の石碑、上記の城山砦跡と下記の三ツ木公園を直線で結んだ、ほぼその線上に位置しております。近くには、「郷愁を誘う橋でも紹介させて頂きました、『くずはき橋 (現いるまがわ大橋)』」(更新中)もあるので、昔も今もこの辺りで、入間川を渡っていたと言う事でしょうか? また、近くには、別記事で紹介しました、桜や「はなもも」の綺麗な、下奥富河川敷公園もありますので、併せてポタリング・散策してみては、いかがでしょうか?

詳細マップ:https://goo.gl/maps/jfKDA1dGZcpWvrd4A

九頭竜大権現の石碑と説明文
九頭竜大権現の石碑と説明文

③三ツ木公園

こちらの公園は、「三ツ木原古戦場」と言われているようで、新田義貞が鎌倉を攻めた時(1333年)、北条氏綱が川越城を奪った時(1537年)の戦場と言われているようで、写真の通り、古戦場の碑があります。狭山市のホームページ(https://www.city.sayama.saitama.jp/shisei/kouhou/koho/sayamanofuukei/shinsayama/fuukei09.html)には、新田義貞の事についてのみ触れられ、現地の説明文には、新田義貞の事も触れていますが、メインは有名な河越夜戦の原因となった、北条氏綱が、扇谷上杉氏の朝定より河越城を奪った戦をメインに記載しています。上記、①の城山砦でも、別記事でも記載していますが、個人的には、日本三大奇襲の1つ、河越夜戦の際、北条氏康はこの付近に陣取ったと思っており、戦国時代、関東の派遣を争った、最前線の地だと言って良い場所の認識です

詳細マップ:https://goo.gl/maps/gWDcKiKSjUcjqEEV7

三ツ木原古戦場の碑と説明文
三ツ木原古戦場の碑と説明文

④七曲井

西武新宿線の入曽駅近くにある「七曲井」は、狭山市のホームページ(https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/dentou/siteibunkazai/nanamagari.html)によると、「古代の井戸」だそうです。すり鉢のような形に堀った、その下に井戸があります。人間水がないと生きていけないので、これだけの労力をかけてでも、掘ったんだろうと、感心してしまうほどの物でした。

詳細マップ:https://goo.gl/maps/aahRGTXiMQ9jukhb8

七曲井と隣にある常泉寺観音堂
七曲井と隣にある常泉寺観音堂

⑤稲荷山公園

西武池袋線の稲荷山公園駅のすぐ近くにあります。Wikipediaによりますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/狭山稲荷山公園)、”(略) 戦後米軍が使用していたジョンソン空軍基地(現 航空自衛隊入間基地)の一部が返還されたもの。1945年(昭和20年)、米軍がこの地を接収した際、基地内の公園として整備したもので、米軍管理下の時代には「ハイドパーク」(Hyde Park)という英語名があり、返還後も周辺住民には長く同名で呼ばれていた。(略) 造成がアメリカ人の主導によって行われたため、今でもアメリカの公園のような雰囲気を持つ”、とあります。確かに、日本の公園とは一味違た感じで、広々とした印象があり、雰囲気的には、別記事で紹介した、札幌の真駒内公園のような印象も持ちました。また、公園の中には、レンガで作られた、古いバーべキュウコンロの様な物があり、「昔、米軍関係者の住居があった頃、ここでバーべキュウをして楽しんだのかな?」と勝手な想像をしてしまいました。ここは、その昔小規模ながら古墳があった場所の様ですが、一見、公園内にある谷のような場所が、土塁にも見えますし、入間川方面から公園に入るウッドデッキの道は、竪堀の様にも見え、個人的には、城か陣屋があったのでないかとも思いました。

詳細マップ:https://goo.gl/maps/dpRzytSfSaB2pyK98

稲荷山公園の様子(上段右側:昔の米軍住居にあった、BBQコンロ?) 下段は、稲荷山公園を北東の出口から出て、住宅街を抜けた先の河岸段丘の上からの眺め
稲荷山公園の様子(上段右側:昔の米軍住居にあった、BBQコンロ?)
下段は、稲荷山公園を北東の出口から出て、住宅街を抜けた先の河岸段丘の上からの眺め

⑥自衛隊入間基地の飛行機

稲荷山公園から、彩の森公園へ向かう途中に、写真の飛行機を見る事が出来ます。中々カッコいいです!

詳細マップ:https://goo.gl/maps/f1ztLVeMuDaB8HRR7

一般度から飛行機が見えます
一般度から飛行機が見えます

⑦彩の森入間公園

こちらの公園も、稲荷山公園同様、札幌の真駒内公園川越の水上公園を足して、2で割ったような、異国情緒を感じる公園でした。Wikipediaによると(https://ja.wikipedia.org/wiki/彩の森入間公園)、”1973年に米軍のジョンソン基地が返還され(現在も一部には航空自衛隊入間基地がある)、防災拠点として1998年に公園が開園した”、とあります。参らせて頂いたタイミングは、非常に紅葉が綺麗で、秋の大人散策コースの定番になりそうな予感がしました。

詳細マップ:https://goo.gl/maps/f1ztLVeMuDaB8HRR7

彩の森入間公園の様子
彩の森入間公園の様子

⑧ジョンソンタウン

昔から存在は認識しておりましたが、行ったことがなく、上記「彩の森入間公園」に参ったタイミングで、すぐに近かったので、参らせて頂きました。正直あまり期待していなかったのですが、非常に雰囲気が良く、アメリカよりも、アメリカの雰囲気を出しているエリアだと思いました。今回は、訪れた時間が遅かったので、街の中を散策するだけで終わってしまいましたが、ショップやレストランもあり、「次回はちゃんと時間を取ってきたいな」と思える場所でした。

詳細マップ:https://goo.gl/maps/oKazxmguET2M3NBt7

ジョンソンタウンの様子
ジョンソンタウンの様子

⑧旧石川組製糸西洋館

さほど大きい訳ではありませんが、かなり立派な洋館です。入間市のホームページ(http://www.city.iruma.saitama.jp/event/bunkazai/seiyokan_sekai.html)によると、機械製糸により成功を収めた、石川氏が、大正時代に、”迎賓館”、として建てた建物との事です本ブログ別記事で紹介しました、入間市の料亭(うなぎ屋さん)、”魚いち”、の直ぐ近くですので、併せて訪れてみてはいかがでしょうか?

詳細マップ:https://goo.gl/maps/gda5vDYaRwjmbM7L6

旧石川組製糸西洋館の外観と内部
旧石川組製糸西洋館の外観と内部

⑨武蔵豊岡教会

国道16号が拡幅するのに伴い、曳家で今の場所に移った教会との事で、上記の旧石川組製糸西洋館と同時代の大正時代の建物らしく、外観は真新しいのですが、内部は昔と変わらない状態で、現役の教会との事です。旧石川組製糸西洋館と16号を挟んだ反対側にあり、非常に近いので、洋館・教会・料亭(魚いち)のセットでめぐってみてはいかがでしょうか?

詳細マップ:https://goo.gl/maps/gruhCJ3iuubEXcci8

武蔵豊岡教会の外観
武蔵豊岡教会の外観

⑩万世橋

本ブログの別記事で、「郷愁を誘う橋」をいくつかご紹介させて頂きましたが、エリアが違いますが、霞川にかかるこの橋(=萬世橋)も、同じく懐かしさを感じる橋です。

詳細マップ:https://goo.gl/maps/gruhCJ3iuubEXcci8

⑪万世橋の西側の高台

上記、武蔵豊岡教会方面から、万世橋を渡り、西武池袋線をくぐったすぐ右に、斜面を登る階段が出てきます。かなりの急勾配ですが、写真の通り、階段を登り切った所からの景色は抜群で、西武池袋線の電車が眼下を走っていくのも絵になりますし、入間川の河岸段丘をしっかり確認する事が出来ます

詳細マップ:https://goo.gl/maps/vKFU4a3EnmWeXgW26

万世橋とその西側の高台からの眺め
万世橋とその西側の高台からの眺め

⑫影隠地蔵

こちらの「影隠地蔵」の由来は、狭山市のホームページによると(https://www.city.sayama.saitama.jp/manabu/dentou/siteibunkazai/kagekakusijizou.html)、”源義仲の嫡男で頼朝よりともの娘婿となった清水冠者義高が、実父の死をきっかけに頼朝から追われる身となったとき、難を避ける目的で一時的に地蔵の背後にその姿を隠したため”、とあります。結局、義高は殺されてしまう訳ですが、義高は、父・義仲と縁の深い現在の嵐山町(別記事で紹介中(更新中))を目指し、この鎌倉街道を進もうとしていたのだろうと、そんな鎌倉時代の歴史を感じる事の出来るスポットです。ちなみにこの影隠地蔵がある坂を、”信濃坂”といい、入間川方面に坂を下って進むと、すぐに”奥州道”と言う、交差点が出てきます。つまり、「入間方面からこの鎌倉街道を進むと、奥州道の交差点のすぐ先に信濃坂になり、そこに影隠地蔵様がいらっしゃる」と言う事で、なんだかややこしくなっています。この鎌倉街道の上道は、上野、信濃方面に向かう道と理解しているので、「信濃坂」はまだ理解できますが、「奥州道」は、理解に苦しみます・・・。確かに、江戸時代であれば、信濃坂を登ってしばらく進み、智光山公園(別記事で紹介中)を越えてすぐに、日光街道の脇往還(別記事で紹介中)にぶつかるので、日光方面から奥州方面に行ける感じはしますが・・・。それとも鎌倉時代から、日光脇往還の名前は無くても、道その物は存在していたと言う事でしょうか?

詳細マップ:https://goo.gl/maps/DBZ8NKdZ4sDELW1X7

影隠地蔵様とそすぐキワにある奥州道の交差点・信濃坂・鎌倉街道の案内板
影隠地蔵様とそすぐキワにある奥州道の交差点・信濃坂・鎌倉街道の案内板

【最後に】

上記、12のスポットをご紹介させて頂きましたが、古代、鎌倉時代、戦国時代、江戸時代、大正、昭和、現代とそれぞれに思いをはせる事の出来るエリアだと思った次第です。また、街道の切り口でも楽しめそうなエリアで、お腹がすいたら、おすすめの大人レストラン、魚いち、で懐石とウナギを楽しむ事が可能な場所です。そんな、狭山・入間近辺の大人ポタリング・散策皆様も楽しんでみては、いかがでしょうか?

入間散策・ポタリングルート
入間・米軍ハウス 散策コース

(別記事にて、季節の花々や紅葉、街道・城跡・古墳と言った史跡、名建築や街中のオブジェ等、様々Topicに応じた、様々な地域のポタリング・散策情報を記載しています。”ポタリング” の タグから記事の一覧を参照できますので、是非こちらもご参照ください)

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA