川越 中正屋

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【はじめに:中庄屋の概要】

本日は、川越にある、中正屋をご紹介します。お蕎麦屋さんとして、認識されている方が大多数かもしれませんが、和会席をリーゾナブルに楽しめるレストランなのです。

まずは、位置関係から記載しますと、詳細は地図をご確認頂きたいのですが、川越の各駅(川越・川越市・本川越)からは、少々距離があります。一番近いのは、本川越の駅からだと思いますが、徒歩で20分ほどだと思います。川越の観光の顔、蔵通りを北へ進んで頂き、「札の辻」の交差点を左折。新河岸川を越えた右側ににあります。やはりもう一つの有名観光地である、菓子屋横丁からは、目と鼻の先です。駐車場は、「札の辻」の交差点から来て、新河岸川を越えた信号を右折した所、中庄屋入口の反対側(北側)にあります。内部は、1階にテーブル席数席(4人掛けの席×4-5席程度だった記憶)と、奥にこ小上がり的なスペース(4人掛けの席×2、2人掛けの席×1程度だった記憶・・・)があります。また、2階にも個室的に利用させて頂けるお部屋があり、目的に応じて利用できます。私達夫婦の場合は、蕎麦だけの時は、入口入ってすぐのテーブル席。会席を頂戴する時は、少し奥の小上がりの席。会食等の際は、2階のお部屋を利用させて頂くような形をとっています。古民家の室内は、綺麗に改装されていますが、随所に、目を見張る家具や襖があり、大人が食事を楽しむ空間をしっかり演出してくれています。特に、2階の個室にある襖絵は、中々の物で、私の様な素人でも、見入ってしまった記憶があります。接待や会食、記念日には、こういったお部屋でお食事させて頂くのも、お大人の楽しみとして良いのでないかと思た次第です。(別記事で、川越観光に関しても①・②・③と触れており他の川越のレストランや近辺のポタリングに関しても紹介しています)

中正屋の内部の様子
中正屋の内部の様子

【「中正屋」でのお食事】

上記にも記載しましたが、中正屋をお蕎麦屋さんと思っていらっしゃる方は多いと思います。私達夫婦がお邪魔する際、他のお客様も勿論いるのですが、半分以上の方は、お蕎麦だけを食べて帰れる感じの様に見えるからです。しかし、こちらのお店における、おすすめは、リーゾナブルな会席コースと日本●(和食には欠かせない、大人が好きな透明な飲み物)だと思います。会席とは言っても、ミニ会席の様な感じですが、2000~4000円/人位で、いくつかのコース設定があった認識です。ミニと言っても、7皿くらいあった認識ですし(設定コースによって、お皿の数が違ったと思います)、足りなければ、一品料理やお蕎麦を追加できるので、私の様な大食漢でも、満足できます。また、日本●も種類が豊富。グランドメニュー的なものもあれば、タイミングで入ってくるものもある様です。銘柄を拝見させて頂くと、有名銘柄もありますが、あまり有名ではないので、価格設定は安いが、おいしい銘柄もあります。国際サミットの乾杯の席で使われた銘柄もあり、その様なお話をお伺いしながら、会席を頂戴するのは、正に大人の楽しみ方と言って良いと思います。そして最後のしめは、はやりお蕎麦。会席コースのには、どれもお蕎麦がついていた認識です。こちらのお店の顔でもあるお蕎麦は、どんなにお腹一杯でも、召し上がって頂きたいです。お蕎麦本来の香りを楽しめます。以下に、中庄屋のホームページアドレスを記載しますので、メニュー等、是非ご確認ください:http://nakashouya.jp/

blank
中正屋のお食事

【最後に】

上記の様に、リーゾナブルに和会席とお蕎麦を楽しめる、「中正屋」。洗練された空間で、大人が食事をする時間を演出してくれる「中正屋」。少々駅からは距離がありますが、川越観光の合間や、最後の占めとして、ご利用される事をおすすめします。2階の個室は、予約して頂く必要があると思いますが、1階のスペースは、小上がりも含め、空いていれば利用可能なケースがほとんどです(私達夫婦は、ほとんどが予約なしで、ふらっと、行くのですが、会席の時は小上がりにほとんどのケースで利用させてもらってます)。川越にいらっしゃり、ちょっと和食を楽しみたくなった際には、中正屋の事を、思い出してみて下さい。(別記事で、川越観光に関しても①・②・③と触れており他の川越のレストランや近辺のポタリングに関しても紹介しています)

Map

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA