上山田ホテル

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【はじめに】

今回は、長野県千曲市の上山田温泉にある、上山田ホテル(https://www.kamiyamada.com/index.html)を紹介させて頂きます

個人的な感覚で恐縮ですが、周辺地域に比べ、こちらの上山田の温泉街の宿は、若干リーゾナブルな価格設定をされているお宿が、多い印象です。理由は正直わかりません・・・。お湯(温泉)も良いですし、宿の食事だって中々のもの。お安い理由が今一見えないのですが、しいて言えば、アクセスと周辺の観光地かもしれません。北に行けば、長野を代表する善光寺や小布施があり、南には、温泉地として有名な別所温泉と多くの歴史ファンが訪れているだろう、真田氏の居城、上田城があります。西に、峠を越えれば、国宝を有する松本(松本城・開智学校)があり、東に行けば、これまた横綱級の温泉地・草津温泉があります。最寄り駅は、しなの鉄道の戸倉駅なので、新幹線は止まりません(上田の次は長野だと認識しています)。良く解りませんが、これが理由で、若干価格設定がリーゾナブルになっているのであれば、それは、”穴場の温泉地”、と言って良いと思います。そんな穴場温泉地(個人的な印象で恐縮ですが)、上山田温泉にある、上山田ホテルをご紹介します。(別の記事で、観光情報として、上田市の上田城旧北国街道の街並み東御市の海野宿小諸城址懐古園善光寺周辺の散策川中島合戦の武田方の拠点海津城(松代城)等を紹介していますので、皆様の旅のプランニングにお役立ち出来れば幸いです)

善光寺本殿と参道の様子
善光寺本殿と参道の様子

【上山田温泉の概要と周辺観光】

上記の通りの位置関係ですが、最寄り駅の戸倉駅から、徒歩で行っても30分程度で着きます。日本一長い、あの大河、千曲川(上流の中央分水嶺その先の我が故郷山梨県北杜市、下流では、新潟観光につき、別記事で紹介しています)を超えていくので、気持ち的に少々疲れてしまうかもしれませんが、その際はタクシーを使っても、そんなにかからないはずです。また車であれば、坂城インターチェンジか、更埴インターチェンジが最寄りと思われ、どちらからでも、20分程度で行けると思います。私達夫婦は、こちらの上山田温泉には、何度かお邪魔しており、電車のケースもあれば、車で参ったケースもありますし、高速バスで参ったケースもあります。電車の際は、戸倉駅から徒歩で、千曲川を散策してから参った記憶で、高速バスの際は、かなりの距離を歩き、森将軍塚古墳・姨捨駅の棚田島等を巡ってから、参った事もあります(観光情報は別記事で紹介しています)。車の際は、善光寺川中島合戦で有名な、江戸時代の真田氏の拠点、松代城(海津城)等を巡ってから参った記憶もあります。様々観光地はありますが、基本車で回るのが、一般的だと思うので、何かチャレンジしない限りは、車で参られる事をおすすめします。

上段:上田城門とそこにある真田石、下段:左から、南側の尼ヶ淵、東側の堀、尼ヶ淵を望む櫓
上田城の様子 上段:上田城門とそこにある真田石、下段:左から、南側の尼ヶ淵、東側の堀、尼ヶ淵を望む櫓

【上山田ホテルでの滞在】

そんな位置関係にある、上山田温泉街の上山田ホテルですが、この地域では、最も歴史ある部類のお宿になる様で、創業は、こちらのホームページによると、大正8年との事。そもそもこの温泉街の礎を築かれたようで、由緒正しい温泉宿の様です。お湯は、やはりホームページによると、”弱アルカリ性単純硫黄泉は、肌に潤いを与え、指の先から体の芯まで温まると評判の泉質です”、とあります。実際に入らせて頂いた感想は、「しっかりとしたお湯だが、柔らかく、硫黄の香りが、温泉に来た事をより強く実感させてくれ、体にも心ににも、しみわたるお湯」と言った感じです。こちらのお宿では、客室温泉露天のお部屋があり、そちらを利用させて頂きました。日本庭園に面した1階にそのお部屋はあったのですが、庭園の先の建物が良く見えるので、湯舟のすぐ隣まで行ってから、服を脱ぎ、入った記憶です。

上山田ホテル内部の様子 随所にステンドガラスが飾られています
上山田ホテル内部の様子 随所にステンドガラスが飾られています

また、こちらのお宿は、ホテルと言う事があって、通常イメージする温泉宿のすき焼きやしゃぶしゃぶの和食に加え、隣接するレストラン、ラピスラズリ(いい名前ですよね!)、”本格フレンチ”、楽しめるお宿でもあるのです(https://www.kamiyamada.com/dish.html#a02)。和食(すき焼き)、フレンチともに頂戴しましたが(勿論別の日ですよ!)、どちらも中々です。しかしどちらか一方を選べと言われれば、その日の気分による所もあると思いますが、フレンチを選びます。フレンチなので、しっかりしたソースを味わう部分もありますが、地元の食材でフレンチを味わう所に、こちらのレストランの良さがあると思います。私達夫婦がお邪魔した際には、地元の畑で取れた野菜に、山で取れた天然のキノコ、そしてやはり地元の猟師仕留めた「鹿」でした。味も、全体的な印象としては、さっぱりの中にコクのある感じで、非常に美味しく、「これって、本当に贅沢な食事だ」と思った次第です

上山田ホテル 客室温泉露天の親への様子 ステンドガラスが使われています
上山田ホテル 客室温泉露天の親への様子 ステンドガラスが使われています

【最後に】

位置的に少しメジャーな観光地とは離れますが、車でいらっしゃるのであれば、どの観光地も問題なくアクセスできる距離感です。仮に、北側の善光寺まで行ったとしても、車であれば、1時間かからないでしょうし、南の上田城であれば、30分ほどで行けると思います。そう考えると、お湯の良さや設定価格を、総合的に大人判断すると、”上山田温泉は、穴場の温泉街”、と言って良いのでないかと思います。そんな温泉街にある、上山田ホテル、皆さんも長野市や上田市に訪れる際は、宿泊地の候補として、検討してみては、いかがでしょうか? (別の記事で、観光情報として、上田市の上田城旧北国街道の街並み東御市の海野宿小諸城址懐古園善光寺周辺の散策、川中島合戦の武田方の拠点・海津城(松代城)等を紹介していますので、皆様の旅のプランニングにお役立ち出来れば幸いです)

Map

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA