熊本城天守

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【熊本城と聞いて何を連想されますか?:基本情報】

(本記事にて使用している写真は、2016年の熊本地震の前年、2015年に撮影したものです)

本日は、熊本県・熊本市にある、熊本城をご紹介します。

いつも通りの書出しで、熊本城と言うと、皆さんは何を連想されますか?

私は、以下の感じです。

 ① 加藤清正の築城による、武者返しのお城

 ② 西南戦争でも落ちなかった城

 ③ 西郷隆盛は、「新政府ではなく、清正公に負けた」とコメントした

 ④ 西南戦争の際における田原坂の戦い

 ⑤ 一口城主制度

 ⑥ そんな熊本だが、加藤家の治世は、30年程度で、江戸時代の大部分は、細川氏の治世

 ⑦ 熊本・細川氏より連想して、水前寺庭園 (別記事で紹介中)

と、こんな感じでしょうか。

【熊本城の魅力】

熊本城と言えば、加藤清正。お城の前で、銅像も見かけました。地元でも、大いに人気がある様ですし、一口城主制度なるものが、編み出され、それがしっかり機能している事、地元に愛されている証だと思います。実際に参らせて頂き、本当に地元のシンボル的な存在である事、肌で感じました。また、お城も立派で、とにかく大きい。名古屋城、姫路城、と並び、近世城郭の代表例と言われているようです。子供の頃、「熊本城の武者返し」と聞いて、石垣の事とは思わず、「何か神秘的な力が熊本城には、宿っているので、攻撃をしりぞけるのか?」と思った事がありましたが、実際に訪れ、武者返しの石垣を拝見し、石垣の勾配のすごさに驚くと同時に、美しさを感じました。そしてそれ以上に、本当に何か神秘的なものがあると感じてしまうほどでした。2016年の熊本地震で、隅の石垣が、天守をさせている映像を見てしまうと、その思いは、一層強くなった次第です。

熊本城案内図・清正公の銅像・熊本城遠望
熊本城案内図・清正公の銅像・熊本城遠望

【熊本城が建つ地形とその歴史上のエピソード】

また、地形的にも、納得の場所で、北から伸びる台地の端に作られており、ちゃんと台地の続きが北側で切れていて、島の様な地形の上に、お城が築かれています。この北側の切れ目は、人工的なのか否かわかりませんが、なんとなく、防御のために、台地を削った様な意図を感じました。大阪城も上町台地の先端に築城されたお城であり難攻不落。熊本城も同様のスタイルで、西南戦争における西郷軍の視点に立ってみると、攻める方向は、北側の大地の方から攻める以外、道はなさそうで、そうするには、尾根道で峠の反対から続く、田原坂を通る以外道はなかったと認識できます。結局、この戦争で、天守等主要な建造物を焼失してしまったようですが、最終的には落ちなかった。西郷隆盛が、「清正公に負けた」と言うのは、本当にそうなんだと、訪れてみて、また地形を見てみて、改めて、「本当にそう思ったんだろうな」と私も思いました。

熊本城の位置関係を高低差で調べてみた
熊本城の位置関係を高低差で調べてみた

【熊本城の城主期間は加藤家よりも細川家の方が長いが、清正公のお城・熊本城の見所】

そんな熊本城ですが、加藤家が統治していたのは、1600年の関が原の後から、30年程度。その後は、江戸時代を通じて、細川家の統治になります。加藤家30年 vs 細川家200年以上ですが、熊本城=加藤清正なんですね。

庭園好きでもある私が、水前寺庭園と合わせて、熊本城にお伺いさせて頂いたのは、2015年。天守の迫力(大天守+小天守:復元)、石垣(ほとんどが現存)の大きさと美しさ、現存する宇土櫓(もはや櫓ではなく、普通のお城なら天守です!)、2008年に復元された本丸御殿と、本当に見所十分でした。ただ大きすぎて、回り切れなかった事も事実です。帰ってきてから、”二様の石垣(加藤時代の石垣と細川時代の石垣が並んでいる)の写真撮るの忘れた” と思ったくらいです。

熊本城天守(大天守+小天守)と宇土櫓
熊本城天守(大天守+小天守)と宇土櫓
御殿内部の様子
御殿内部の様子

大人になり、実際に訪問して地元の方々の愛情を感じ、お城そのものを調べ、(おそらく本当に)神秘的な力に守られている熊本城の完全復活を果たした勇士を、改めて見に行かせて頂きたいと思っています!

(別記事にて、忍城高松城沼田城二条城高島城浜松城松本城上田城松代城小諸城犬山城甲府城鉢形城掛川城高知城川越城岩櫃城熊本城函館五稜郭龍岡城(長野県佐久市の五稜郭)仙台城、彦根城、長浜城、岐阜城、名古屋城、金沢城、小田原城も、それぞれ紹介していますので、ご覧ください!)

熊本城天守・宇土櫓
熊本城天守・宇土櫓

高低差の地図は、地理院の地図を自身で加工して作成

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA