旧古川庭園

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【旧古河庭園の概要】

本日は、私が庭園好きになった、きっかけとも言える、旧古河庭園をご紹介致します。ただ、旧古河庭園に関する知識は、ほとんど持ち合わせていないのですが…。正直、「古河虎之助氏により、大正時代に日本庭園も造られ、現在の形になった様で、洋館とバラが有名」程度しかありません。しかし、こちらの庭園は、初めて日本庭園の良さを感じた庭園です。

1万坪弱と、一般人にとっては、広大な広さですが、他の東京にある大名庭園(小石川後楽園:2.1万坪、浜離宮:7.6万坪、六義園:2.7万坪)と比べると、小ぶりです。(唯一近いのが、芝離宮の1.3万坪で、こちらも好きな庭園の1つです)それぞれ行かれた事がある方であれば、イメージできると思いますが、広大な浜離宮は、もはや庭園と言うより公園ですし、六義園・小石川後楽園は、大名の方たちの威光を感じます。勿論、それはそれで素晴らしく見ごたえがあります。(別ブログで紹介していきたいと思っています!)

日本庭園
日本庭園

【旧古河庭園の地形的魅力と楽しむポイント】

しかし、この旧古河庭園は、特に日本庭園の部分だけを見てみると、小ぶりながらも、何か違った印象があります。この旧古河庭園が小さいにも関わらず、魅力的に見えるのは、ずばり高低差だと思います。入口→洋館(上段)→バラ園(中段)→日本庭園(下段)が、いつものコースで、様々な季節に、もう何回行ったか分からないくらいです。それぞれ、高低差があり、洋館とバラ園は、セットのような感じで、見えますが、日本庭園は、洋館から見る事はで来ません。

周辺の高低差とそれを活かした日本庭園内の滝
周辺の高低差とそれを活かした日本庭園内の滝

個人的には、特に日本庭園が好きなのですが、洋館から日本庭園は、高低差がある上、木が生い茂っており、非常に見にくいのです。こういったこともあってか、日本庭園に出た時に感激するんだと思います。また、特に、石灯籠と池の図が好きで、石灯籠が、庭園全体の気品を表している様に感じます。ここの石灯篭の品格をみて、初めて他の庭園でも、石灯籠に目がいくに様になりました。兼六園を紹介する写真には、いつもといっていいくらいの確率で、独特の形をした石灯籠と池の構図が使われますよね。あの感覚と同じ感覚です。

庭園の春夏秋冬 石灯籠が素敵です!
庭園の春夏秋冬 石灯籠が素敵です!

大人になってくると、人それぞれの見方が出てくると思います。私のケースは、上記の感じでした。皆様にもそれぞれ好みがあると思いますが、「その好みの発端は何だったんだろう?」など、考ええてみるも楽しい時間です。

皆様も機会があれば、この旧古河庭園に訪れてみて、散策がてら、そんな事を考えてみては、いかがでしょうか?

旧古河庭園
旧古河庭園

(高低差の地図に関しては、地理院のWebサイトより、自身で高低差を設定し作成)

(別の記事で、東京旧古河庭園東京椿山荘神戸相楽園京都無鄰菴大河内庭園二条城二の丸庭園高松栗林公園水前寺庭園山梨恵林寺庭園甲府常磐ホテルの庭園東京大熊庭園会津御薬園平泉毛越寺庭園遠山記念館彦根城の玄宮楽々園長浜の慶雲館名古屋城の二の丸庭園名古屋市内の白鳥庭園同じく名古屋市内の徳川園金沢兼六園新潟の旧齋藤家別邸等、も紹介しております(更新中あり))

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA