彦根城天守

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【彦根城からの連想ゲーム:基本情報】

数年前の夏休み(遅めの夏休みだったので、9月)、静岡(掛川浜松)彦根長浜名古屋(犬山岐阜も)を回る旅を企画し、それぞれお邪魔させて頂きました(旅全体の日程は、別記事をご参照ください)。今回は、その中で参らせて頂きました、滋賀県彦根市にある、彦根城(https://www.hikoneshi.com/jp/castle/)を紹介させて頂きます。

城をテーマにする時の下記出しでいつも通りですが、彦根城と言うと皆さんは何を連想されますか? 私は、以下の感じです。

① 現存12天守のうちの1つ (他の現存天守は、弘前城、松本城犬山城、丸岡城、姫路城、備中松山城、松江城、丸亀城、松山城、宇和島城、高知城で、別記事で、松本城犬山城高知城については、それぞれ紹介していますので、ご覧ください!)

② その天守は国宝5天守の内の1つ (その他の国宝天守は、松本城犬山城、姫路城、松江城)

③ 井伊家35万石の本拠地

④ 築城から、約400年たった天守

⑤ 城も立派だが、「玄宮楽々園」の庭園も見ごたえ十分 (別記事で紹介中)

⑥ 武田・真田でも有名な、赤備えの甲冑が有名 (赤備えの元祖の一人の子孫がオーナーの山縣館と言う温泉旅館を別記事で紹介しています)

⑦ マスコットの「ひこにゃん」が出没する

といった感じでしょうか?

【彦根城散策情報】

彦根城に付き、まずは基本情報を抑えさせて頂きますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/彦根城)、”(略) 1603年(慶長8年)琵琶湖に面した彦根山(別名、金亀山)に彦根城の築城を開始した。築城には公儀御奉行3名が付けられ、尾張藩や越前藩など7か国12大名(15大名とも)が手伝いを命じられる天下普請であった。1606年(慶長11年)2期までの工事が完了し、同年の天守完成と同じ頃に直継が入城した。大坂夏の陣で豊臣氏滅亡後、1616年(元和2年)彦根藩のみの手により第3期工事が開始された。この時に御殿が建造され、1622年(元和8年)すべての工事が完了し、彦根城が完成した (略)”、とあります。

つまり工事に20年近くかけ、完成したのが1622年との事なので、約400年前のお城の雄姿を見られると言う事です。関ケ原の戦いで、石田三成に勝利した徳川家康が、石田氏の所領(佐和山城)に、側近の井伊家を、大阪の豊臣家、京都の朝廷、西国大名を監視する意味で送り込んだ構図と理解しますので、築城のタイミングは、理解できますが、20年かかったというのは、「けっこうかかったなー」と言った勝手な印象を持ちました。実際に彦根城にお伺いすると、かなり高い所に、天守が築かれている事がわかり、また相当広い範囲で、城郭が整備されている事が感じられ、堅固な地形を利用したお城である事理解できます。言い換えれば、お城の建物よりも、お城の築かれた土地(金亀山)その物の整備や石垣の構築に時間がかかったのでないかと思ってしまった次第です。

彦根城天守閣からの景色 琵琶湖が一望できる
彦根城天守閣からの景色 琵琶湖が一望できる

天守そのものは、徳川幕府の側近中の側近で、大老も排出した、名門井伊家の天守としては、やや小ぶりな印象を持ちましたが、外観はとても400年たっている様には見えませんし、内部もすごいの一言(大津城からの移築と言われているようです)。歴史の重みを感じられずにはいられません。天守閣からの眺めも抜群で、佐和山城址、琵琶湖は勿論、彦根市街、伊吹山等を一望できます。表門橋の方(彦根駅の側)から入ったのですが、天秤櫓(別記事で紹介しました長浜城から移築らしいです)の下を通り、鐘の丸に出て、橋を渡り本丸に向かうルートです。この天秤櫓のしたを通らないと、本丸にたどり着けない工夫がされています

一方天守を見学した後は、山崎山道という琵琶湖側の道を通って、玄宮楽々園に向かったのですが、かなりの急勾配。竪堀も見られ、こちらも防御は万全と認識しました。400年前の創意工夫と、かなりの時間と労力をかけ築城した姿を今の時代に拝見出来る事は、本当に感謝の一言だと思いました。

【なぜ、彦根城のマスコットは、「ひこにゃん」と言う猫?】

所で、なぜ「ひこにゃん」という猫が、マスコットとして、彦根城にいるかご存じですか? ひこにゃんのかぶる、赤い兜は、井伊の赤備えをイメージしたものである事、容易に想像できますが、なぜ猫なんでしょうか?これは、井伊家におけるあるエピソードが、関連していると思われます。2代藩主直孝の時代の話で、東京の世田谷にある豪徳寺での出来事らしいです。「ある雨の日、豪徳寺付近の木の下で雨宿りをしていると、白い猫が手招きをしてるので、そちらに行ってみると、雨宿りをしていた木に雷が落ち、直孝は難を逃れた」というエピソード(ホントか否かは知りませんが・・・)が、元になっているようです。豪徳寺は、井伊家の菩提寺で、本当に沢山の招き猫が奉納されているのです。こんな逸話があるので、「ひこにゃん」と言う猫のキャラクターが出てきた訳です。

「ひこにゃん公式サイト」なる物を見つけて、びっくりしたのですが、このページのプロフィールページ(https://hikone-hikonyan.jp/profile/)には、”彦根藩井伊家二代当主である井伊直孝公をお寺の門前で手招きして雷雨から救ったと伝えられる”招き猫”と、井伊軍団のシンボルとも言える赤備え(戦国時代の軍団編成の一種で、あらゆる武具を朱塗りにした部隊編成のこと)の兜(かぶと)を合体させて生まれたキャラクター”、とあります。ちょっとふざけた、ユーモラスな軽いキャラクターと思いきや、しっかり考えて企画されている事、本当に日本人らしいと思ったのは、私だけでしょうか? この話が本当であればの前提ですが、彦根城を今見れるのでは、この猫のおかげかもしれないので・・・(赤備えに関しては、そのルーツも踏まえ、本ブログの別記事で紹介しています)。

東京都世田谷区にある豪徳寺のMap:https://goo.gl/maps/s5fyppq8RTG915vh7 (招き猫が沢山います!)

【最後に】

井伊氏は、戊辰戦争の始まりと言われる鳥羽伏見の戦いで、新政府軍に加わり、旧幕府軍敗退の原因を作ったとの言われています。しかし、その甲斐あって、明治維新後も生延び、その後明治天皇がたまたま巡行で、彦根を通りかかった時、解体寸前の彦根城を保存するよう、命令を下されたという話を耳にしたことがあります。解体されてもおかしくなかった彦根城ですが、歴史のめぐり合わせで、今尚400年の時を超え、その雄姿を目にする事が出来る事、有難い限りです。日本人であれば、是非この歴史のめぐり合わせを味方につけ、生延びた彦根城の雄姿を、一度は見て頂きたいと思うのはわたしだけでしょうか?

(別記事にて、忍城高松城沼田城二条城高島城浜松城松本城上田城松代城小諸城犬山城甲府城鉢形城掛川城高知城川越城岩櫃城熊本城函館五稜郭龍岡城(長野県佐久市の五稜郭)仙台城彦根城長浜城岐阜城名古屋城金沢城小田原城比企城館群(杉山城・松山城(武蔵国)・菅谷館・小倉城(武蔵国))、も、それぞれ紹介していますので、ご覧ください!(一部更新中))

Map

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA