新潟観光スポット

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【はじめに】

もう10年近く前の夏休み、金沢・新潟を回る旅をさせて頂きました。今回は、その中でお邪魔させて頂きました、新潟で、実際に回らせて頂いた観光スポットをご紹介します(金沢観光全体図金沢城兼六園(庭園)、に関しては、別記事をご参照下さい)
新潟には、1泊のみの宿泊でしたので、新潟に参ったその日の数時間と、翌日帰宅の途につくまでの数時間の併せて、8時間位の観光でした。今回紹介させて頂くスポットは、その時間の中で、全て徒歩で回った感じです。実際に回ってみると、小さいながらも、歴史・風情の観点で、個性あふれる建物が結構あった認識で、「もう少し調べてから来れば、もっと回れたし、もしかしたら、もう一泊したかも・・・」、と思った次第です。限られた時間の中での散策でしたので、情報限られるかもしれませんが、皆様の観光プランのお役に立てれば幸いです。

【新潟観光スポット】

拠点ホテル

新潟観光の拠点にホテルさせて頂いたホテルは、ホテルオークラ新潟(http://www.okura-niigata.co.jp/)と言うホテルでした。新潟駅からは、徒歩で向かいました。20分くらいの道のりで、分かりやすく、迷う事は無かったです。写真は、少々前の物なので、現在は内装も含め、変わっているかもしれませんが、万代橋を真上から見れる、見晴らしの良いホテルでした。橋の上を通る、車の流れや、時折川を通る船をぼーっと見ていると、時を忘れてしまうような錯覚を持ってしまう感じの落ち着いたお部屋でした。詳細は、別ページにて記載しておりますので(更新中)、そちらもご確認頂ければ幸いです。

ホテルオークラ 新潟
ホテルオークラ 新潟

①燕喜館

燕喜館ですが、こちらのホームページによると(https://niigata-bs.sakura.ne.jp/si/enkikan/index.html)、”白山公園燕喜館及び市民茶亭遊神は、明治から昭和にかけて活躍した商屋、齋藤喜十郎氏の邸宅(明治40年代の建築物と推定)の一部「燕喜館」と呼ばれていた接客部分を平成6年2月に新潟市へ寄贈いただき、新たな茶室などを付加して由緒ある白山公園の一画に移築再建し平成9年9月から一般公開を始めました。開館以来、茶道や華道をはじめとする日本の文化芸能を推進する拠点の施設として多くの来館者に利用されております。明治建築の意匠を活かした落ち着いた風情と文化のかおり漂う伝統的建築物として平成12年4月に国の登録文化財に指定されました。”、とあります。元々は、個人の邸宅の様です。それも、「接待用に作られた一部」の様です。下記⑤で紹介する「斎藤家別邸」も、齋藤喜十郎氏によるものらしいので、ものすごい豪商だったのですね。気品ある佇まいの建物で、高級料亭の様な感じでした
燕喜館詳細地図:https://goo.gl/maps/CBqjiBiyazF8R8zE

blank
燕喜館

②白山公園 蓮池

燕喜館の直ぐ近くにある(同じ敷地?)、蓮の咲き誇る池です。非常に大きな蓮が、元気よく咲き誇っていました。その蓮に紛れる形で、塔のような物があります。ラジオ塔と言うらしいです。Wikipedia の力を借りますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/ラジオ塔)、”ラジオ塔(ラジオとう 旧仮名表記:ラヂオ塔[1])とは、放送事業者がラジオの普及を目的に、公衆にラジオ放送を聞かせるため、公園などの公共空間に設置した、ラジオ受信機を内部に収めた塔である(略)”、とあります。参った時もラジオが流れておりましたが、蓮に紛れて聞こえてきたので、塔から音が出ていると思わず、「誰かしゃべっている?」と思った感じでした。また、すぐ近く(同じ敷地?)には、白山神社や、蓮の池とは別の池があり、傍らには、「新潟最古の石灯籠」なる物もあります

白山公園 蓮池詳細地図:https://goo.gl/maps/Na15XQG5mbFPQ51e7

左から、蓮池の中のラジオの塔、白山神社、新潟最古の石灯籠
左から、蓮池の中のラジオの塔、白山神社、新潟最古の石灯籠

③新潟県政記念館

味のある、和洋折衷のような建物で、内部を見学できます。Wikipedia の力を借りますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/新潟県政記念館)、”新潟県政記念館(にいがたけんせいきねんかん)は、新潟県新潟市中央区一番堀通町に所在する博物館。館の建物は1883年(明治16年)3月に竣工し、1969年(昭和44年)に国の重要文化財に指定された新潟県旧県会議事堂(略)”、とあります。新潟の政治を語る上で、貴重な建物と認識しました。

新潟県政記念館詳細地図:https://goo.gl/maps/P8WC1SZPJQbvLWSw9

新潟県政記念館
新潟県政記念館

④新津記念館

古いですが、格式高い洋館です。こちらも、Wikipedia の力を借りますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/新津記念館)、”新津記念館(にいつきねんかん)は、新潟県新潟市中央区にある文化施設。建物は国の登録有形文化財である。(略) 建設主は、現在の昭和シェル石油の前身の一つにあたる「新津石油」創業者の新津恒吉である。新津恒吉は新潟県三島郡出雲崎町尼瀬の出身で、若き日から石油精製を通じて新潟の産業振興に全生涯を賭け、大成功して莫大な財を成した。晩年は私財を投じ、新潟市に外国要人を迎えるための迎賓館を建設した。この現在の新津記念館にあたる迎賓館は1935年(昭和10年)から3年を費やして建設され、1938年(昭和13年)に竣工した(略)”、とあります。斎藤氏と言い、この新津氏と言い、新潟は多くの成功者がいた地域なのだと思いつつ、建物を拝見させて頂きました。

新津記念館詳細地図:https://goo.gl/maps/vBxtQZeRbqi4WiLk7

新津記念館
新津記念館

⑤旧齋藤家別邸

今回の新潟訪問で、最も感銘を受けた、建物と庭園でした。上記、①燕喜館で触れました、斎藤氏の旧別邸になる様です。建物の内部、庭園とそれぞれ入る事が出来ます。建物は、歴史を感じさせ、かつ豪華さと品格を備えたもので、その2階から見える日本庭園の景色は格別です。大名庭園のような広さがある訳ではありませんが(勿論かなりの敷地地の広さですが・・・)、格式の高さを感じざるにはいられない雰囲気を醸し出す空間となっております。また庭園の内部も散策でき、思ったよりも高低差があり、様々な角度から、庭園を楽しむ事が出来ます。建物の2階から見た庭園も素敵でしたが、庭園から見る母屋も風格十分。建物、庭園の両方の面からそれぞれを楽しめる、正に大人空間だと思いました。

(別の記事で、東京旧古河庭園東京椿山荘神戸相楽園京都無鄰菴大河内庭園二条城二の丸庭園高松栗林公園水前寺庭園山梨恵林寺庭園甲府常磐ホテルの庭園東京大熊庭園会津御薬園平泉毛越寺庭園遠山記念館彦根城の玄宮楽々園長浜の慶雲館名古屋城の二の丸庭園名古屋市内の白鳥庭園同じく名古屋市内の徳川園金沢兼六園新潟の旧齋藤家別邸等、も紹介しております(更新中あり))

旧齋藤家別邸詳細地図:https://goo.gl/maps/p2VmPWnPqRhMib228

旧齋藤家別邸
旧齋藤家別邸

⑥魅力的な建物 (旧第四銀行住吉町支店、旧新潟税関庁舎、新潟市歴史博物館)

館みなとぴあ(http://www.nchm.jp/index.html)は、
信濃川のほとり近くに、明治から昭和初期にかけて建てられたと言われる建物(博物館は、過去の庁舎をモチーフとして建てられたらしいです)が、密集しています
。それぞれが歴史を感じさせるような建物で、それぞれの味があり、それぞれが非常に近くにあるので、比較しながら楽しめるのも、良いと思います。

旧第四銀行住吉町支店詳細地図:https://goo.gl/maps/CU5u8ddqsxWy1PU76

左2枚:旧新潟税関庁舎、旧第四銀行住吉町支店、新潟市歴史博物館
左2枚:旧新潟税関庁舎、旧第四銀行住吉町支店、新潟市歴史博物館

⑦萬代橋

新潟の建造物の顔と言って良い、橋だと思います。日本で一番の長さを誇る信濃川の河口付近にある橋で、単なる橋ではなく、橋その物、照明等、芸術性と気品を感じさせてくれる橋です。Wikipedia の力を借りますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/萬代橋)、”萬代橋(ばんだいばし/よろづよばし)は、新潟県新潟市中央区の信濃川に架かる国道7号(重複: 国道8号、国道17号、国道113号、国道350号)の道路橋梁。国の重要文化財に指定されている。新潟市の信濃川に架橋された初めての橋で、1886年(明治19年)に初代が竣工された。東大通、萬代橋通りと柾谷小路とを結び、新潟駅万代口から万代シテイを経て古町に至る中央区中心部のメインストリートの一部を成す。(略) 第3代となる現橋は1929年(昭和4年)6月に竣工、側面に御影石(花崗岩)の化粧板を施した6つのアーチを連ねる鉄筋コンクリート橋である。橋長306.9m、幅員22.0m(略)”、とあります。ちなみにこの川、新潟にありますが、信濃川。長野から流れてきているからなのでしょうが、長野を流れている時は、千曲川と言います。それぞれ別記事で紹介ましたが、私の故郷、山梨県北杜市中央分水嶺を挟んだ北側が、千曲川となり関ヶ原に遅延した秀忠が布陣した小諸城日本史ファンの多い真田氏の発祥の地上田武田信玄と上杉謙信の川中島合戦で有名な長野・松代、といった地域を流れてきた川です。そう思うと尚、ホテルの部屋から眺める橋は、橋の美しさだけでなく、歴史も感じさせてくれるものでした。

万代橋詳細地図:https://goo.gl/maps/uGuyNR1JzWttQbpC8

萬代橋
萬代橋

【最後に】

新潟の地をわずかな時間でしたが、回ってみて思った事は、近代の魅力的な建造物が残っており、それらを拝見できたり、実際に中に入って感じる事が出来る事が、街の特徴の1つでないかと思いました。特に、⑤旧齋藤家別邸、⑦萬代橋は、新潟の観光において、新潟を知る上で、象徴的な建造物でないかと、誠に勝手ながら、思った次第です。回りきれなかった建造物もあると思うので、また次回の楽しみとして、とっておき、次回訪問のチャンスを伺いたいと思います。

新潟観光スポット

以下、Googleマイプレイス(マイマップ)で作成した地図を、アプリ・GogleMpsで、位置情報をONにしてスマホでご利用頂くと、紹介したスポットを、自身の位置確認しつつ大人散策する事が出来ます!

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA