中尊寺 金色堂

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【金色堂だけではない! 世界遺産中尊寺】

数年前の夏休み(遅めの夏休みだったので、9月中旬)、東北の旅に出かけました(旅全体の日程は、別記事をご参照ください)。岩手、秋田、宮城を回る旅です。その中で参らせて頂きました、岩手県平泉にある、中尊寺を紹介させて頂きます(この日は、毛越寺と中尊寺に参らせて頂きました)。中尊寺と言えば、金色堂である事、間違えないと思いますが、中尊寺の本堂も中々ですし、多くの伽藍、能楽殿もあります。讃衡蔵(=宝物館?)には、立派な仏様や重要な文化財を拝見させて頂く事が出来ます。正直、中尊寺と言えば、金色堂しか知らず、松尾芭蕉読んだ俳句が、この地であった事、こちらにお邪魔し、松尾芭蕉の像を見るまで、私の頭の中で関連付けられていませんでした。少々勉強不足で、参らせて頂いた事、若干の後悔はありましたが、実際に訪れてみて、貴重な文化財や建物、芭蕉の像を通し、歴史を感じる事が出きる、正に世界遺産にふさわしい寺院であると、改めて思った次第です。

【中尊寺とは?:基本情報】

まずは、中尊寺の概要を抑えるべく、Wikipedia の力を借りますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/中尊寺)、”中尊寺(ちゅうそんじ)は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院。奥州三十三観音番外札所。山号は関山(かんざん)、本尊は釈迦如来 。寺伝では円仁の開山とされる。実質的な開基は藤原清衡。奥州藤原氏三代ゆかりの寺として著名であり、平安時代の美術、工芸、建築の粋を集めた金色堂を始め、多くの文化財を有する。境内は「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されている。2011年(平成23年)6月26日、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された”、とあります。

別記事で紹介致しました、毛越寺もしかりですが、中尊寺は、この世界遺産の中核的な存在である事、間違えないと思います。また、中尊寺のホームページには(https://chusonji.or.jp/index.html)、”天台宗東北大本山。850年、慈覚大師円仁の開山。12世紀初め奥州藤原氏初代清衡公が前九年・後三年の合戦で亡くなった命を平等に供養し、仏国土を建設するため大伽藍を造営しました。”、とあります。「850年に創建され、実質的には、12世紀に奥州藤原氏が、自身も含めつらい経験となった、奥州での覇権争いである、前九年の役・後三年の役で犠牲になった人たちを弔うため、開いた寺院」と言う理解でよい気ががしました。そんな背景があるこそ、極楽浄土を現世に作りたっかたのだろうと勝手な推察をしてしまいました。

【広く高低差のある境内は、ゆっくりと大人散策で! 奥の方にある、讃衡蔵と金色堂は必見!】

そんな中尊寺、駐車場からは、それなりの登りになっています。以下の写真中央が入口で、月見坂と言う参道を登って行くのですが、同じ写真にある通り、結構な標高差です。体力に自信のない方は(特に炎天下の時など)、無理せづゆっくり、ゆっくり登る事をおすすめします(私達夫婦がお邪魔した際は炎天下で、途中の坂に座り込んでしまう方もいました・・・)。

中尊寺入口と高低差
中尊寺入口と高低差

しかし、月見坂を登りきると、基本平坦で、多くの伽藍が出てきます。本当に沢山あり、見所十分です。比較的最初の右側に、本堂が出てきます。こちらの本堂、中々ですが、人も大勢いらっしゃいましたので、ご挨拶をし、歩を更に進めて行きました。

中尊寺本堂と御朱印
中尊寺本堂と御朱印

多くの伽藍拝見させて頂きつつ、進んでいくと、左側に、讃衡蔵(=宝物館?)、その隣に、金色堂(最上部の写真)が出てきます。この2か所は、中尊寺において、絶対に抑えて頂きたいポイントです。讃衡蔵では、大きな仏様(丈六仏(じょうろくぶつ)と言われる、平安後期の仏様だそうです)や、貴重な文化財を拝見させて頂く事が出来ます。そして金色堂。テレビでも何度か拝見させて頂いていましたが、本物には、圧倒される以外の表現は見つかりません。上記歴史を思いつつ、拝見させて頂くと、国宝を拝見させて頂いたという事よりも、「藤原氏がこれを建立した思い」、に感動をしてしまいました。保護のため、ガラス?(アクリル板の様な物?)で、囲われており、外気と遮断し、温度・湿度のコントロールもされているとの事で、この国宝を守ろうとする並々ならぬ努力が伺えます。

中尊寺内の多くの伽藍
中尊寺内の多くの伽藍

金色堂を出て更に進むと、松尾芭蕉の像が出てきて、大長寿院までくると、ほぼほぼ一番奥まで来た事になる様ですので、ここで折り返します。その付近になりますが、お食事何処があるので、ここで一服されるのも良いかと存じます。また、すぐ隣には、国の重要文化財である、能楽殿(白山神社)があります。こちらも素晴らしい建物です(写真参照)。

能楽殿(白山神社)と松を芭蕉の銅像
能楽殿(白山神社)と松を芭蕉の銅像
中尊寺 金色堂
中尊寺 金色堂

【最後に】

上記の様に、熱い中、中尊寺系内を散策させて頂きました。それなりの標高差のある所を、往復でそれぞれ拝見させて頂きながら往復するので、恐らく、3㎞位は歩くイメージになると思います。いい大人の方には、気候や体調と相談しながら、ゆっくりといらっしゃる事をおすすめしますが、是非、金色堂と讃衡蔵まで、行って頂きたいと思いました。金色堂・讃衡蔵と回って、出てきた所にある松尾芭蕉の像を見て、この地、平泉で読んだと言われる、『「夏草や 兵どもが 夢の跡」、「五月雨の 降り残してや 光堂」』の句を思い浮かべ、「藤原氏の思い」や「この地の歴史」を感じてみる事も、大人散策の醍醐味だと思いますので、無理せず、ゆっくりと奥まで足を運んで見て下さい!(旅全体の日程は、別記事をご参照ください)

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA