秩父 三峯神社

【はじめに:三峯神社から何を連想する?】

本日は、埼玉県秩父の山間にある、三峯神社をご紹介します

関東でも屈指のパワースポットと言われているようで、変わった形の鳥居があったり、狛犬の代わりに狼が守護神であったり、極真空手の創始者が付近で修業を積んだり、ハイキングのコースになっていたり、と様々な、切り口で大人の興味をそそる神社です。(秩父三社(三峯神社・宝登山神社・秩父神社)のポタリング/散策情報を別記事で、紹介しています)

【三峯神社の位置は? アクセスは?】

まずは、位置関係から

三峯神社は、秩父の山間部にあり、140号線に沿って、東に山を下れば秩父(別記事で紹介しています)へ、西に山を登り雁坂峠を超えれば、山梨に行ける(別記事で雁坂峠を下った先の温泉宿:坐忘恵林寺(武田家菩提寺)を紹介しています)、そんな位置関係になります。

車でのアクセスの方が多いようですが、最寄の駅は、秩父鉄道の三峰口駅。そこから西武バスで、三峯神社に行けますが、西武秩父駅からも、”急行”、の路線バスが、三峯神社まで出ています(西武バスの情報:https://www.seibubus.co.jp/docs/rosen/chichibu/M.pdf)。山間部ではありますが、関東屈指のパワースポットだけあって、アクセスは、決して悪くありません。

ただし、大型連休等の休日は、かなり渋滞する事もしばしばで、数年前まで、『白い氣守』(「氣」の一字が書かれた白いお守り)を毎月、1日に配布してくださっていましたが、このタイミングで休日が重なると、更に渋滞がひどくなってしまう為、配布を現在は休止している認識です(2020年7月時点)。山間部の道で逃げ道はなく、駐車場のキャパシティーもあると思うので、仕方ない措置だと思います。こういった状況ですので、お出かけの際は、情報収集の後に出かける事をおすすめします。

【三峯神社の概要】

そんな、三峯神社ですが、基本情報も抑えておこうと思います

まずは、Wikipedia で調べさせて頂きますと(https://ja.wikipedia.org/wiki/三峯神社)、

”(略)秩父神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社。拝殿の手前には珍しい三ツ鳥居がある。狼を守護神とし、狛犬の代わりに神社各所に狼の像が鎮座している。(略) 主祭神伊弉諾尊 (いざなぎのみこと)、伊弉册尊 (いざなみのみこと)。(略) 社伝によれば、景行天皇の時、日本武尊が東征中、碓氷峠に向かう途中に現在の三峯神社のある山に登って伊弉諾尊・伊弉册尊の国造りを偲んで創建したという。景行天皇の東国巡行の際、天皇は社地を囲む白岩山・妙法ヶ岳・雲取山の三山を賞でて「三峯宮」の社号を授けたと伝える”、

とあります。日本武尊(ヤマトタケル)が、創建したと言う事は、もうこの時点で、西暦で言うと、何年に創建されたかもわからない位、古い神社と言う事で、少なく見積もっても、1500年以上の歴史はあると言う事になります。私には、何の霊感もありませんし、そういった知識もありませんが、実際ここに訪れて、いつも思う事は、”空気が神聖”、と言う事です。勿論山間部なので、新鮮な空気を感じますが、”神聖な空気”、です。少なくとも、1500年以上鎮座する、この神社が醸し出す雰囲気は、どんな人でも感じるほどのオーラがある場所だと言って良いと思います。

三峯神社 三ツ鳥居
三峯神社 三ツ鳥居

【三峯神社内の散策コース】

私達夫婦の場合は、平日の込み合って無いタイミングに、車で参らせて頂き、車を駐車場(有料)に止め、三ツ鳥居・随身門・拝殿・日本武尊像と言った感じのコースで回らせて頂きました

駐車場から若干の斜面を登って行く感じで、最初に見えてくるのは、三ツ鳥居と守護神の狼。この三ツ鳥居、非常に珍しく、また、狛犬の代わりに狼が門前を守っているのも珍しい認識です。三ツ鳥居の代表例の一つに数えられる、三峯神社の鳥居は、到着して間もないのに、いきなり圧倒されます。ちなみにこの三ツ鳥居には、正式な通り方がある様なので、以下参考になさってみて下さい(https://ja.wikipedia.org/wiki/三ツ鳥居, https://ja.wikipedia.org/wiki/三ツ鳥居#/media/ファイル:Mitutorii01.jpg)。

三峯神社 随身門
三峯神社 随身門

次に出てくるのは、随身門。こちらは、山中ある朱色が鮮やかな門です。彫刻も素晴らしく、見ごたえ十分な門で、徐々に心が洗われてきます。この門をくぐり、山の中の参道を進むと、拝殿に伸びる階段が見えてきます。

この階段が、拝殿に通じる階段です。両脇には、狼の守護神がおり、厳かな心持で、階段を上り、手水舎 で、清めます。この手水舎 の彫刻も素晴らしく、見入ってしまいますが、まずは拝殿でご挨拶申し上げ、改めて社殿を拝見させて頂きました。日光東照宮と並んで、権現造の代表例に数えられる社殿は、立派その物。素晴らしい彫刻をマジマジと拝見させて頂きました。ご挨拶も済みましたので、しばし境内を大人散策。山々の雄大な眺めもこの神社の魅力の1つです。

三峯神社 手水舎 ・社殿
三峯神社 手水舎 ・社殿

そして最後に、日本武尊の銅像にご挨拶申し上げ、失礼させて頂きました(実際には、駐車場上のお土産物屋さんで、みそコンニャクを頂きましたが・・・)。

実は、この三峯神社のアクセスですが、徒歩でも可能です(麓の参道のMap:https://goo.gl/maps/uqsy76uz9mmeAEbc9)。ハイキングの様に山道を進むのですが、それなりの標高差(600m程)がありますので、しっかり準備していった方が良いと存じます。しかし、綺麗な水の流れ、美しい滝、秋には紅葉も楽しむ事が出来る、中々のコースです。行き(登り)は、2-3時間、帰り(下り)は、1.5~2.5時間程度の工程で、距離的には、数㎞程ですので、体力のある方限定になるかもしれませんが、こういった大人散策も検討してみてはいかがかと思います。ちなみに、上記、参道入り口で、早々に渡る赤い橋(登竜橋)の下を流れるのは、荒川です。東京を流れ東京湾にそそぐ、荒川です。荒川の最上流部に近い景色も見ものです(上流部は、分水嶺なので、分水嶺を紹介した別記事もご参照ください、また、秩父3社を巡るポタリングに関しても別記事で紹介しております)。

日本武尊の銅像、三峯神社からの眺め、ハイキングコースのマップ
日本武尊の銅像、三峯神社からの眺め、ハイキングコースのマップ

【最後に】

正確に何年前に創建されたか分からないほどの長い歴史を持ち、芸術性の高い社殿や門を見る事が出来、珍しい三ツ鳥居や狼の守護神も見る事が出来る。車でもバスでもアクセス可能だが、ハイキング的にお参りする事も可能。こんな様々な切り口で、楽しむ事が出来る三峯神社で、そしてその周辺も含め、大人散策してみては、いかがでしょうか?

(秩父三社(三峯神社・宝登山神社・秩父神社)のポタリング/散策情報を別記事で、紹介しています)

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA