川越街道

【「栗よりうまい13里」で有名な川越街道】

今回は、川越街道を取り上げてみようと思います。皆さんは、川越街道ってご存じですか? 東京・埼玉にお住まいの方、住んだ事がある方なら、多くの方がご存じではないかと思います。川越の観光においては、本ブログの別記事(川越まつりのページ川越大人観光①~③、(川越周辺の散策(散歩)/ポタリング情報としての古墳)でも紹介しましたが、

「栗(九里)より(四里)うまい、十三里(川越は江戸から13里の所でサツマイモが有名、また、9+4=13と言うような意味があるらしい・・・)」

なんて、言葉があるくらいサツマイモが有名です。江戸から川越街道を通って川越まで、13里である事から、上記の様なしゃれっけの利いた、フレーズが、江戸時代から言われているそうです。(13里=サツマイモの意味もあるらしいですが・・・)

栗(九里)より(四里)うまい十三里
栗(九里)より(四里)うまい十三里

【13里も必要ない川越への道のり】

しかしその川越、残念ながら江戸から13里の所ではありません・・・。川越街道の起点は、江戸の日本橋とするのであれば、そこからしばらく 中山道 として、進み、現在の板橋区の板橋三丁目付近の平尾追分(「追分」に関しては、別記事で紹介しています)で、中山道に別れを告げ、川越を目指します。

現在は、254号線と、ほぼ近しいルートを通っており、川越まで伸びる道で、川越側の起点は、小江戸川越の顔である、蔵通り(一番街)を過ぎた所にある、”札の辻”と言う交差点までだそうです。

そしてその注目の距離ですが、43㎞程度(平尾追分~川越であれば、30Km強)。1里は約3.9㎞と言われているので、43㎞ ÷ 3.9㎞で計算すると、11里程度。13里かける事なく、江戸の日本橋から、川越まで来てしまう事になります。故に、13里には、2里程足りない計算になってしまいます。

もしかしたら、ちょっと何処かに寄り道する事を前提に、13里と計算したのかもしれませんが、普通に考えれば、「栗よりうまい十三里」と言うしゃれっけの利いた、フレーズを思い浮かべて、知っていてか、知らないかは別に、川越は、江戸から13里の所にあり、栗よりも、おいしいサツマイモが有名な街、を商売として押し込みたかったのでしょうね。それを言い張るのも、なんとなく日本人ぽい感じもしますし、それを、事実は別にして、受け入れるのもいい日本人の大人な対応に思え、ほのぼのしてしまいます。

『「栗よりうまい十三里」のフレーズで有名な川越は、サツマイモがおいしい所だが、実際は、13里ではなく11里程で行けちゃう街』と現代風にアレンジしても、また面白いのでないかと思いました。(ちなみにですが、江戸日本橋から中山道を行き、平尾追分で分かれず、赤羽付近の新河岸川まで行き、そこから船を利用するなら、50㎞位かなーとか、色々考えてしまいました・・・)

平尾追分の地図

【群馬県高崎まで続き、 中山道 と交わる川越街道】

そして、その川越街道は、札の辻の交差点で終了ですが、その道その物は、群馬県の高崎まで続いております。そして、ここで、また 中山道 にぶつかる訳ですが、この道の事を、児玉街道(児玉往還)と言うようです。川越から高崎までの距離は、60~70㎞程と考えられ、川越街道と児玉街道を合わせると、川越児玉往還と言うようで、100㎞以上の道のりになる訳です。

中山道は、大宮、鴻巣、熊谷、深谷と言った宿を抜け、高崎に至ります。

一方、川越児玉往還は、練馬、川越、武蔵嵐山(菅谷宿)、児玉と抜け、高崎に至るルートです

地図で見た感じ、江戸と高崎間は、 中山道 を行こうが、川越児玉往還を行こうが、距離的も、高低差的にも、たいして変わらないように見えます(気持ちだけ、 川越児玉往還 の方が、短く感じがする一方、高低差は、 中山道 の方がない気がしますので、労力的には、ほとんど変わらない気がします故、どちらを行っても変わらないと思います・・・)。

皆さんが、江戸から高崎まで行くのであれば、どちらのルートを選択しますか? 恐らくそんな状況で生まれたフレーズが、「栗よりうまい十三里」でなかったのでないかと想像してしまいました

川越:蔵通り
川越:蔵通り

【最後に】

こんな事を考えながら、 中山道川越児玉往還 の地図を見ていると、頭の中で、当時に勝手にタイムスリップして、旅を楽しんだような気になります。また別記事で、今度は甲州街道を同じように楽しんでみようかと思いますので(甲州街道は、江戸の時点で、進む方向が中山道とは違いますが、長野県の諏訪湖付近で、中山道と一緒になります)、皆さんも、地図の上でも、街道を眺めつつ、旅をしてみては、如何でしょうか?

(別記事にて、季節の花々や紅葉、街道・城跡・古墳と言った史跡、名建築や街中のオブジェ等、様々Topicに応じた、様々な地域のポタリング・散策情報を記載しています。”ポタリング” の タグから記事の一覧を参照できますので、是非こちらもご参照ください)

川越:札の辻地図

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA