羊山公園からの武甲山

【はじめに:秩父観光にあたって】

本日は、秩父の大人観光・散策スポットをご紹介します

皆さん、秩父には、行ったことがありますか? 秩父と言えば、羊山公園の芝桜をイメージされる方も多いと思います。また、ちょっとマニアックなところでは、地質的も有名なようで、ジオパーク秩父とも言われています。(秩父は、日本地質学、発祥の地と言われているそうです)

私達夫婦の一番の目的は、温泉である事が多いのですが(”新木鉱泉””はなのや” を別記事で紹介しています)、いくら温泉好きでも、温泉だけでは、もったいないので、もちろん観光もしています。自宅のある川越から近い事もあり、よくお邪魔する、秩父好きの夫婦ですが、そんな私達が、秩父に行ったら、抑えてほしいおすすめ観光スポットを、8つご紹介します。趣味嗜好もあると思いますので、参考までに見て頂ければ幸いです。(関東屈指のパワースポット、三峯神社を、また、秩父三社(三峯神社・宝登山神社・秩父神社)のポタリング/散策情報も別記事で、紹介しています)

【散策(散歩)を楽しむ、秩父の観光スポット】

① 羊山公園

秩父に行ったら、ここだけは絶対に外しては、いけません。一番有名なのは、もちろん芝桜。これは、本当に綺麗です。

ただ、綺麗すぎて、そして有名過ぎて、車はいつも大渋滞。電車で行く事をお勧めします。電車なら、西武秩父からも歩けますが、ストレス的には横瀬駅の方から行った方が良い様に感じます。特急停車駅でもありますので、試してみて下さい。また、芝桜も有名ですが、桜もいくつか種類がある上、本数もかなり多いので、こちらもお勧めです

ちなみに武甲山。なぜ、あんな形かご存じですよね? はい。セメントの材料になる石灰岩の採掘をしているからですよね。明治から採掘は、大々的に行われてきたようで、当時、標高は1,336Mあったものが、今では、1,304Mだそうで、30Mも低くなってしまったそうです。武甲山は、身を削って、日本の近代化を支えてきてくれているのですね。武甲山をバックに眺める、芝桜・桜ともに綺麗ですので、是非訪れてみて下さい。

秩父市の羊山公園のページ: http://www.city.chichibu.lg.jp/1853.html

② 長瀞渓谷

こちらは、秩父市ではありませんが、秩父地方と言う事で、ご紹介します。こちらも、石畳・ライン下りで有名な観光地ですよね。「長い瀞場が続く場所」が、地名の由来と、立ち寄ったお土産屋さんで、教えてもらいました。(岩手での船下り(正確には、下り&上り)が楽しめる猊鼻渓も別記事で紹介しています)

所でこの川、何川かご存じですよね? 勿論、荒川です。東京に、流れていく荒川です。三峰山の方に起点があり、秩父市・長瀞・寄居・熊谷・川越・戸田と流れ、東京に行きます。長瀞は、かなり上流部で、激しい流れのイメージすが、その名の通り、瀞場になっているので、ライン下りが出来るのですね。ちなみに、荒川の起点の更に上には、甲武信ヶ岳と言う山があり、ここは、千曲川(日本海へ)・荒川(東京湾へ)・笛吹川(富士川となり太平洋へ)の分水嶺と言われいます(別記事で記載中)

また繰り返しになりますが、秩父は、日本地質学発祥の地と言われているそうで、ジオパーク秩父なんていうらしいです。こちらのホームページによると、

”ジオパーク秩父は、秩父地域1市4町(秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町)をエリア(約89,250ha)としており、平成23年に当時国内で15番目の日本ジオパークに認定を受けました(現在国内に44か所)” 

https://www.chichibu-geo.com/

と紹介されていました。その中で有名なのは、長瀞渓谷(石畳や赤壁が見られる)との事らしく、”地球の窓” なんて言われるそうです。

長瀞の観光情報: https://www.nagatoro.gr.jp/spot/spotmeisho/

③ 宝登山・宝登山神社

こちらは、長瀞の駅を、川(岩畳)と反対側の山の方に行った所にあります。社殿も非常に立派な神社ですが、ロウバイ園がロープウェイでアクセスできます。神社でご挨拶をし、一足早い春の訪れを感じるのも、大人の楽しみ方だと思います。(別記事にて、三峯神社秩父三社をポタリング+散策、も紹介しております)

宝登山ロウバイ園の情報: https://www.nagatoro.gr.jp/robaien/

宝登山神社の情報: https://www.nagatoro.gr.jp/spot/spotmeisho/

④ 秩父神社

こちらの神社は、西武秩父駅・御花畑駅からも歩けますが、最寄は、秩父駅です。こちらの、ホームページによると、

”元慶2年(878年)には神階正四位下に進み、延長5年(927年)に編算された『延喜式』にも掲載されるなど、関東でも屈指の古社のひとつに数えられています”

http://www.chichibu-jinja.or.jp/

との事で、かなり歴史のある神社の様です。社殿もかなり立派で、見ごたえあります。また、社殿の裏側には、日光東照宮に対抗してか、「”よく見て、よく聞き、よく話す” 三猿」の彫刻等、見応え十分な彫刻がありますので、探していてみて下さい。同時に、東側の道の反対側には、夜祭で有名な、秩父夜祭を紹介する、ちちぶまつり会館もありますので、足を延ばす事、お勧めします。

秩父神社の Web Site : http://www.chichibu-jinja.or.jp/

⑤ 清雲寺

清雲寺のお寺の情報は持っていないのですが、こちらの枝垂桜は圧巻の一言です。勿論、桜が咲いている時に訪れるべきでしょうが、私達は、夏にもお邪魔しており、これはこれで、良い雰囲気を醸し出していました。さすが、樹齢600年と言われるだけの事はあります。秩父の中心部から、南西に、車で15分程度の場所になります。電車での最寄り駅は、武州中川駅でで、徒歩10分くらいの距離でした。近くに、若御子断層洞もあり、断層に触る事が出来ますので、ご興味がある方は、訪れてみて下さい。

清雲寺の情報 : http://www.chichibuji.gr.jp/event/sakura/

⑥ 寺坂の棚田

こちらはちょっとマニアックですが、綺麗な棚田でした。姨捨の棚田と比べると小規模ですが、武甲山と工場をセットで眺める棚田は、訪れてみる価値はあると思います(写真は、あまりきれいに撮れていないのですが、、、)。住所は、横瀬町になると思い、最寄り駅は横瀬駅で、駅から20分強かかったと記憶しています。羊山公園とは、反対側になりますが、ハイキングがてら、足を延ばしてみてはいかがでしょうか?

⑦ 秩父高原牧場

こちらは、特に何がある訳ではありませんが、、、。ただ、雄大な自然と、素晴らしい眺めを求めるなら、こちらの牧場をお勧めします。こちらは、歩いて行けないこともないでしょうが、ほぼ登山になってしまいますので、車でのアクセスをお勧めします・・・。

秩父高原牧場の Web Site : https://www.pref.saitama.lg.jp/kogen-bokujo/index.html

⑧ レストラン シャンドフルール

本ブログ内で、ピノキオ(イタリアン)をご紹介しましたが、こちらのシャンドフルールも中々味のあるレストランです。フレンチベースなのか、イタリアンなのか、良くわかっていないのですが(名前的に、フレンチベースの気が勝手にしていますが・・・)、おいしい洋食屋さんで、予約が必要なレストランです。また、古民家のレストランなので、大人雰囲気で、散策がてら、ゆったりと食事を楽しんでは、如何でしょうか?

シャンドフルール Web Site : https://champdefleur.gorp.jp/

【最後に】

上記、8つの大人観光スポット@秩父を紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか? 自然や文化、花々を楽しむ事が出来、派手さはないが、大人な観光スポットを楽しめるのが秩父だと思っております。都心からのアクセスも良く、温泉も楽しめるエリアですので、是非皆様にも足を運んで頂き、秩父の良さを感じて頂ければ幸いです!

以下、Googleマイプレイス(マイマップ)で作成した地図を、アプリ・GogleMpsで、位置情報をONにしてスマホでご利用頂くと、紹介したスポットを、自身の位置確認しつつ大人散策する事が出来ます!

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA