東海道

【はじめに:東海道は、五街道代表の道】

今回は、東海道を考えてみようと思います

皆さんは、五街道は、ご存じだと思います。東海道・中山道甲州街道日光街道・奥州街道の5つの街道の事ですよね。江戸時代に、江戸を中心に整備された道で、日本橋を起点に、(重複する区間もありますが)日本各地に伸びる、幹線道路ですよね。その中の、代表的存在の街道と言えば、東海道。間違えないと思います。国道でも、1号線の座を与えられているわけですから! では、なぜ東海道が代表的存在なのか? この辺りを少し考察してみたいと思います。

【東海道と中山道の歴史:その昔、代表道は、東海道でなく、中山道だった!】

Wikipedia の東海道の項目に、”道(みち)としての東海道”、という段落があり、ここには、以下の様にあります。

”大河川に橋を架ける技術は発達しておらず、揖斐川・長良川・木曽川・大井川・安倍川・富士川・多摩川・利根川(当時)といった渡河が困難な大河の下流域を通過するため、むしろ東山道の山道の方が安全と考えられていた時期もあり、東海道が活発になるのは、渡河の仕組が整備された10世紀以降のことと考えられている

https://ja.wikipedia.org/wiki/東海道

ここで言う、東山道とは、中山道の前身の道のことで、間違いえないと思いますが(東山道は中山道日光例幣使街道・奥州街道に再編された)、10世紀までは、現在で言う東海道よりも中山道の方が、代表格であったと言う事の様です。しかし、川を渡れるようになり、東海道が代表格の座を奪うようになってきたと理解できますが、理由はそれだけでしょうか?

【東海道と中山道の比較】

そもそも、”東海道”とは、と言うところから入ると、上記と同じ、Wikipedia の項目の一番初めに、以下の様にあります。

”東海道(とうかいどう、うみつみち)は、五畿七道の一つ。本州太平洋側の中部の行政区分、および同所を通る幹線道路(古代から近世)を指す”

https://ja.wikipedia.org/wiki/東海道

東海道の語源は、五畿七道から来ていると言う事の様です。言い換えると、この名称は、街道の名称の中でも、一番古く、長年親しまれてきた名称と言って良いと思います。

そして、皆さんご承知の通り、現在の首都・東京とその前の1000年の都、京都を結ぶ道で、東海道53次、なんて言いますよね。中山道も同様に、東京と京都を結ぶ街道なので、少々比較してみますと、東海道約490㎞に対し、中山道約530㎞なので、東海道の方が、40㎞程短いと言う事の様です。

また、最大標高差ですが、東海道は、箱根の800m強に対し、中山道は、和田峠の1600m程。東海道には、この他、目立つ峠は、鈴鹿峠の、400m程の峠があるだけですが、中山道は、碓氷峠や鳥居峠等の1000mを超える峠があります(参考にさせて頂いたサイト:https://gpscycling.net/tokaido/)。そして更に、東海道には、中山道とは違う、面白い区間があります。熱田神宮から桑名の、「七里の渡し」と呼ばれる、海の道です。勿論、海に道は作れないので、船で渡った訳ですが、その区間の北側の陸地を見ると、揖斐川・長良川・木曽川の大河が、濃尾平野を流れています。一番最初の段落で記載した通り、東海道は、川との闘いだった様です。(別記事で、熱田神宮名古屋城その近辺の大人観光情報を紹介しております)

Map:七里の渡し

そして、もう一つ、中山道と決定的な違いは、五街道の生みの親である、徳川家のゆかりの地を通る道だと言う事です。家康誕生の地である岡崎や、領土拡大を狙って出てきた浜松。家康が育ち、晩年を送った駿河(静岡)。東海道には、徳川家ゆかりの場所があります。

しかし一方、中山道は、徳川としては、あまり思い出したくない地であろう、小諸上田近辺を通る、因縁の道になります。別記事で紹介しておりますが、2度にわたる上田合戦において、徳川方は、苦い思いをしており、特に第2次の上田合戦では、真意の程はいくつか見方はある様ですが、一般的には「秀忠軍真田討伐失敗し関ヶ原に遅参」と言われてしまっております(小諸城址には「第2次上田合戦の痕跡」を見る事が出来ます)。また、その因縁の相手、真田氏には、大阪冬の陣でも、「あわや!」の所まで追い込まれておりますので、「2度と行きたくない方面」であると想像してしまう次第です(上田城も別記事で紹介しております)。

【最後に:東海道が代表たる理由の勝手な考察】

上記の通り比較してみると、以下の考察が出てきます。

  • 五街道の中で最も長く親しまれてきた名称である 
  • 江戸と京都を最短で結ぶ街道である 
  • 標高差も中山道に比べ少ない 
  • 徳川にとってはイメージも良い

この様に理由を並べてみると、東海道が代表格の座にある理由が、明らかになってくるような気がします。そして「最大の障壁であった、川との闘いにも、ケリがつき始め、更にその座を、確固たるものにした」と言うのが、私の理解となりました。

歴史的にも長く親しまれ、旅の効率も良く、イメージも良い東海道が、代表であるのは当然と言う事の様です。そんな東海道、山梨出身埼玉在住の私には、お正月の箱根駅伝以外、接点があまりありませんので、再度機会を見つけ、桶狭間(別記事で紹介しています)や、七里の渡し(別記事で紹介しています)、草津追分と言った、観光スポットに足を運んで、改めて思いにふけってみたいと思いました。

Map:桶狭間古戦場

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA