海野宿と白鳥神社

【旧北国街道の宿場町・海野宿:基本情報】

今回は、歴史情緒の残る、海野宿をご紹介します

海野宿は、小諸と上田の間にある、東御市にあり、旧北国街道の宿場町だったそうで、日本の道100選にも選ばれている様です。(上田市にある、同じ北国街道沿いの宿場町、柳町も別ブログで紹介しています) 実際に行ってみると、タイムスリップしたような感覚で、心地よい感覚になり、大人の散策には最適な地です。

小諸市側から車でくると、”海野宿入口”の交差点を左に曲がり、しなの鉄道を超え、坂を下っていくと、右側に駐車場が見えてきます。そちらに車を止め、散策開始です。

【海野宿で大人散歩:歴史の雰囲気を感じる道】

以下に、海野宿を楽しむためのポイントをいくつか紹介致します。併せて注意事項も記載していますので、参考になさってください。

白鳥神社 + そこからの通りの眺めを楽しむ

駐車場を出て、海野宿の方に向かうと、まずは、右側に神社があります。白鳥神社と言うようで、立派な社殿とご神木(ケヤキ?)が見え、厳かな雰囲気に包まれた境内に、”木曽義仲挙兵の地”の看板がありました。(白鳥神社Webサイトのお写真より:以下写真参照) 「木曽義仲は、ここで挙兵して(正確には、”この辺りの河原”の様です)、京都まで上ったんだ」と思いつつ、散策を開始しました。そんな歴史を思いつつ、海野宿の入口に立ち通りを眺めると、本当にタイムスリップしたような感覚になります

通りその物の景観を楽しむ

お店はありますが、建物は古く、良い雰囲気を保っています。全体的には、数百メートルなので、往復する事をお勧めします。まずは、街並みを眺めつつ、宿場が途切れる所まで行き、帰りに、お店による感じが良いと思います。

お店でショッピングや休憩する楽しみ方も良いですが、ここでの見所は、正にこの景観その物。さすが、「日本の道100選」に選ばれるだけの事はあります。建物は、それぞれが味があり、良い雰囲気を保っています。現代的な柵もなく、柳の木を中心に植えられた植栽のお手入れもしっかりされており、散策していて心地よい気分になれます。これこそ大人散策だと思います!

ただこの時に、2つ注意点があります

1つ名は、車もまずまず通るので、車にご注意ください。歩道的な物もありますし、狭い道ではありませんが、車がすれ違うには、スピードを落とす必要があるくらいの道幅で、中途半端な感じですので、車もそれなりにスピードを出している印象を持ちました。タイムスリップしたままの感覚で、車道にひょいと出てしまうと、ひかれてしまいます・・・。ご注意を!

もう1点は、水路に落ちないことです。景観を守る為でしょうが、水路に柵がありません。ほぼ、道路とフラットなので、足元から目を離さないようにしてください。上記、それなりにスピードを出した車をよけようと慌てると、うっかり水路にはまってしまうかもしれません。大人になると、子供の時と違って、落ちた時に大けがをしてしまう恐れがあるので・・・。

「ガラス工房 橙」:ちょっと一休み+ガラス製品を楽しむ(お買い物も?)

注意事項は、これくらいにして、話を戻しますと、お土産屋さん、カフェ、蕎麦屋さん等ありますが、お勧めは、「ガラス工房の橙」さんカフェもあり、散策時の一服ポイントして利用できます。また、Shopで工芸品を購入する事も出来ます(お店としては、こちらがメインでしょうが・・・)。この海野宿は、「日本の道100選」に選ばれた景観その物が一番の魅力ではありますが、ちょっと休憩もしたいと思いますので・・・。

こちらの「ガラス工房の橙」さん、なんとも店内の雰囲気が良く、カフェとしてお気に入りです。同時に、女性好みの感じがしますが、アーティスティックなガラス製品も魅力で、それぞれの作品のセンスが良く、私達もついつい写真の食器を購入してしまいました。今はよく、こちらの食器で、家飲みを楽しんでいます。

(Web Site : https://glass-studio-daidai.net/)

【最後に】

以上簡単ですが、海野宿を紹介致しました。こんな、大人が大人散策を楽しめる海野宿、旅の途中/隙間時間に、スケジュールに組み込んでみては、如何でしょうか? また、別記事で、近くの同じく旧北国街道沿いの上田/柳町や、南会津の大内宿に関しても、紹介しております。こちらも風情ある宿場町ですので、機会がありますれば、足を運んで頂き、海野宿と比較して頂くと面白いかもしれません。

更に、近くの別所温泉に関しても、別記事で紹介していますので、 別所温泉 に宿を取った際のプラスの大人散策コースとしても良い選択ではないかと思いますので、こちらも参考になさって頂ければと思います!

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA