上田市柳町@北国街道

【はじめに:上田市内の旧北国街道沿いの街・柳町】

長野県上田市の柳町をご存じですか?上田城の城下町の1つとして、今尚、歴史風情を感じる、旧北国街道沿いの通りです隣の東御市にある海野宿も別ブログで紹介しています)本日は、こちらの通りを紹介します。

上田駅からも、上田城からも徒歩圏内の観光地で、旧北国街道に面した柳町。多くのお店がありますが、何といっても風情がたまらない場所で、大人の散策には、ぴったりの場所です。昔の事は、勿論知りませんが、今現在は、海野宿が昔の田舎の宿場町、柳町が都会の宿場町のイメージを持っており、どちらも日本の風情を感じさせてくれるお気に入りの地です。

上田市柳町@北国街道①
上田市柳町@北国街道①

【歴史情緒の残る柳町】

この時、私達夫婦は、別所温泉(別ブログで紹介予定)に、2泊で宿を取り、小諸城海野宿上田城、そしてこの柳町を巡るコースを設定しました

この辺りの地は、自宅のある川越からのアクセスが良く(大宮―上田間は、新幹線であれば、1時間ちょとで行けてしまいます!)、また真田好きと言う事もあり、良く参らせて頂いている地です。どうしても、お城系に行ってしまう事が、多いのですが、こういった街道の街・宿場町もそれぞれのカラーがあって、面白いものだと、最近になって感じております(少しずつ大人になっていると思います!)。

そしてこの柳町は、上記にも記載しましたが、都会系の雰囲気で、私の中で対極にある、大内宿(別ブログで紹介しています)とはだいぶ違った印象を受けました。同時に、カテゴリー的には、川越の一番街にある、蔵通りと近い感じも持ちました(川越の蔵通りを一回り小さくしたような印象ですが・・・)。

上田市柳町@北国街道②
上田市柳町@北国街道②

北国街道は、東京方面からくると、「軽井沢で中山道と分岐し(信濃追分)新潟県の上越市あたりまで伸びる、江戸時代に整備された道」、だそうで、目的は善光寺参りがメインだった様です。その北国街道が、小諸海野宿を抜け、上田にさしかかり、上田城近辺まで来た所に、柳町はあります。200-300mくらいの通りですが、「岡崎しゅ造」、「武田味噌醸造 菱屋」と有名なお店ももちろんあります。街並みを楽しむもよし、由緒正しい歴史あるお店をはしごするもよし、楽しみ方は、人それぞれだと思います。

上田市柳町@北国街道③
上田市柳町@北国街道③

でもやはり感じて頂きたいのは、その通りの風情。日本人も海外の方も、それを感じる事が出来る、大人散策には、うってつけの通りだと思います。こういった日本の風情を、感じる事が少なくなっている昨今、是非この通りの散策で、「日本の風情」感じて頂きたいです。

【最後に】

都会系の北国街道を味わえる、柳町。もし他の旧街道の街や宿場町を歩いた事があるのであれば、是非比較して、楽しんでほしいと思います街道には街道のカラーがありそれぞれの街(宿場町)には、それぞれのカラーがあります。皆さん個々人の感じ方も千差万別だと思いますので、それぞれの視点で、それぞれの街道を見て回るのも、大人的散策の方法でないかと思います。

そんなに長い通りではないですし、アクセスも良いので、上田市の観光の際には、また、小諸善光寺と言った近辺にいらっしゃった際は、散策がてら、訪れてみて頂くのが、良いのでないかと存じます。大人散策を満喫できると思ってます!

(Web site : https://yanagimachi-ueda.jp/shop)

(近くの別所温泉に関しても、別記事で紹介しています)

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA