清里 野辺山

【はじめに:ある旅のプランニングとその概要】

皆さんは、旅を計画する時に、どんな計画の仕方をしますか?旅には、色々な目的があり、色々な形があると思います。私達夫婦も、様々な形や目的を楽しんでいますが、数年前に実施して、結構面白かった、旅の企画をご紹介します

その旅のルール+目的は、、、

  1. 移動に、自家用車は使わない 
  2. 移動に使えるのは、公共交通機関と徒歩のみ
  3. 同じルートは通らない
  4. 季節を楽しむ (企画したタイミングが秋だったので、秋を楽しむ) 
  5. 温泉に入る

上記のルール+目的のもと、以下の、1泊2日のコースを設定しました。

  1. 川越駅  → 中央本線・日野春駅 (電車=川越~八王子:川越線+八高線、八王子~日野春:中央本線) 
  2. 日野春駅  → 長坂駅  (徒歩=ハイキング=秋を楽しむ) 
  3. 長坂駅  → 八ヶ岳ロイヤルホテル (路線バス ロイヤルホテルで温泉に入り1泊) 
  4. 八ヶ岳ロイヤルホテル → 清里駅 (徒歩:八ヶ岳大橋を超え、清里駅まで歩く=秋を楽しむ) 
  5. 清里駅 → 野辺山駅  (電車=小海線:鉄道最高地点を通過 ) 
  6. 野辺山駅 → 小諸駅  (電車=小海線:小諸で、若干散策 ) 
  7. 小諸駅 → 関越道・川越的場  (高速バス ) 
  8. 関越道・川越的場  → 川越駅  (路線バス )

やってみて思ったのは、「以外と楽しかった」です。ある程度、時間も調べて行きましたが、時間に間に合うか否か、もし間に合わなかったら、等々スリリングな側面もあり、またその為に達成感もあり、楽しい旅の企画でした。

【実行した旅の内容】

以下、それぞれの訪問先をご紹介しますので、皆様の旅の計画と軽い予習に、お役立ちできれば幸いです

① 日野春~長坂のハイキング

日本昆虫学会が選定した、国蝶オオムラサキの生息域をハイキングできるコースです。私達が訪れたのは、秋から秋のタイミングであった為、オオムラサキを見る事が出来ませんでしたが、(冬はお勧めしませんが)いつの季節でも、自然を満喫できます。(コースの詳細を別記事にて記載していますので、そちらをご参照ください。また、北杜市の観光情報も記載していますので、併せてご参照ください)

② 八ヶ岳ロイヤルホテル

山梨県北杜市大泉(最寄り駅は、小海線の甲斐大泉)にあるリゾートホテル。私達は、八ヶ岳南麓の麓に来たときは、このロイヤルホテル八ヶ岳をほとんどのケースで利用しています

 (現在の名称は、ロイヤルホテル 八ヶ岳: https://www.daiwaresort.jp/yatsugadake/index.html)

その理由は、以下の通り。

  • 温泉がある 
  • 比較的広い部屋がある (スイート、ビューバスツイン、グランデ等、70㎡程度の部屋がある) 
  • 周囲と比較して、大きな宿なので、あまり気遣いをしなくてよい (小さなペンションも良いのですが、こちらも気を使ってしまうので、、、) 
  • 公共交通機関でアクセスしやすい (小海線の甲斐大泉、路線バスのバス停から、それ10分以内で、タクシーでも小淵沢駅から5000円しない程度) 
  • 上記条件がそろっているが、比較的安く、素泊まりプランもある 
  • お気に入りのイタリアンレストラン・タダリコ(別記事で紹介しています)が、近い(タクシーで、1,000円程度)

③ 八ヶ岳高原大橋

上記、八ヶ岳ロイヤルホテルから、清里駅まで歩く際、通る橋が、八ヶ岳高原大橋です。八ヶ岳の雄大な景色と、深い谷、季節ごとの景色を堪能できます。(別記事にて、北杜市の観光スポットも含め、紹介しています

④ 小海線 (清里駅・野辺山駅 : JR最高地点)

山梨県北杜市の小淵沢駅から長野県小諸市の小諸駅までを結ぶローカル線。途中の野辺山駅周辺は、国内で最も標高が高い所を鉄道が通っているポイントがあります。小淵沢~野辺山間は、山々の景色を、野辺山~小諸間は千曲川と日本の原風景を楽しむ事が出来きます。ちなみにこの峠は、中央分水嶺(別記事で紹介中)になります。(別記事にて、北杜市の観光スポットも含め、紹介しています

⑤ 小諸

ご存じでない方もいらっしゃると思いますが、歴史好きは、外してはいけないスポットだと思います。現在は、懐古園と言う史跡公園になっていますが、ここは関ヶ原の合戦に遅参した徳川秀忠が、上田合戦時に陣を敷いた場所です(別記事にて、小諸市の魅力を紹介しています)。

【公共交通機関のみで回る旅の魅力】

自家用車で出かけると、自由に動けるので、かえってあまりリサーチもせず、計画も立てず旅に出てしまいますが、公共交通機関利用前提だと、スケジュールを組まない訳にもいかないので、しっかり計画を立てて、効率的に、旅をすることが出来ます。「もし時間に遅れてしまったら。。。」と言う、若干のスリルと、うまく回れた際の達成感も味わう事が出来ます。こういった、一味変わった旅も、中々面白いもので、大人の楽しみ方のような気がします。

上記、東京発・東京着でも実施可能なコースですので、皆さんも機会があれば、一味違った、大人の旅行を計画してみませんか?

一部地図は、Google Mapの画面キャプチャーに、自身で書き込みを行い作成

以下、Googleマイプレイス(マイマップ)で作成した地図を、アプリ・GogleMpsで、位置情報をONにしてスマホでご利用頂くと、紹介したスポットを、自身の位置確認しつつ大人散策する事が出来ます!

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA