京都観光エリア広域図

【はじめに:日帰り京都観光旅行を計画】

前回、京都日帰り旅行の記事で、京都中心部の東側を攻めた記事を記載いたしましたが、今回は、山陰本線を使って、中心部+西側を攻めた時の情報をご紹介致します。前回の、1回目の京都日帰り旅行の記事で、下記のコメントをいたしました。

京都は、日本人・外国人を問わず、必ず訪れたい観光地ですよねしかし、長い期間の滞在は難しいですが、京都には沢山の観光地がありますどうしたものかと思案した結果、我が家では、「京都観光分割作戦」で行くことにしましたつまり、1日では、回り切れないので、いけるタイミングで、行ける場所に行く事にしたのです

はい。今回ご紹介するのは、その2回目です。今回も前回同様、私たちの好きな、”お庭(庭園)”に焦点を絞り、ルートを作成しました。今回のKeyは、以下の3か所

  1. 二条城 (二の丸御殿に加え、現存4御殿 別記事で紹介中)
  2. 大河内庭園 
  3. 天龍寺+α

(庭園関連では、別の記事で、東京旧古河庭園東京椿山荘神戸相楽園京都無鄰菴大河内庭園二条城二の丸庭園高松栗林公園水前寺庭園山梨恵林寺庭園甲府常磐ホテルの庭園東京大熊庭園会津御薬園平泉毛越寺庭園遠山記念館彦根城の玄宮楽々園長浜の慶雲館名古屋城の二の丸庭園名古屋市内の白鳥庭園同じく名古屋市内の徳川園金沢兼六園新潟の旧齋藤家別邸等、も紹介しております(更新中あり))

【京都日帰り観光コースの例】

この訪問先を回る上で、途中にある、神泉苑、竹林の小径、渡月橋の3か所を加え、合計6か所で、以下のコースにしました。 (京都滞在時間5時間程度)

  1. 川越駅  → 京都駅    (電車+新幹線:8時過ぎに川越を出ると12時前に京都に着きます) 
  2. 京都駅  → 二条城  (山陰本線・京都~二条+徒歩) 
  3. 二条城   → 神泉苑  (徒歩 ) 
  4. 神泉苑  → 竹林の小径 (山陰本線・二条~嵯峨嵐山+徒歩 ) 
  5. 竹林の小径 → 大河内庭園  (徒歩 ) 
  6. 大河内庭園  → 天龍寺  (徒歩 ) 
  7. 天龍寺+α  → 渡月橋  (徒歩 ) 
  8. 渡月橋  → 京都駅 (徒歩+山陰本線・嵯峨嵐山~京都 ) 
  9. 京都駅  → 川越駅    (電車+新幹線:17時過ぎに京都を出ると21時前に川越に着きます)

以下、それぞれの訪問先をご紹介しますので、皆様の旅の計画と軽い予習に、お役立ちできれば幸いです。

① 二条城

本丸御殿と二の丸御殿がありますが、江戸時代に作られた、二の丸御殿が、現存御殿の1つ(国内に、4つの現存御殿があり、あとの3つは、川越本丸御殿掛川城二条城高知城 ← それぞれ別ブログで記載しています!)。本丸御殿も、明治期に作られた建物で、二の丸庭園も有名。 (詳細は、本ブログ内の、二条城の記事参照)

(Web Site : http://nijo-jocastle.city.kyoto.lg.jp/)

② 神泉苑

京都最古の庭園と言われているようで、平安京造営時に作られたお庭(庭園)らしいです。天皇の為の遊苑としての役割を担ってきたようで、ツツジが美しい(らしい)です。(私達の訪問は、2月だったため。。。) 二条城の通りを挟んで、すぐ南なので、二条城にお越しの際は、是非回ってみてください。

(Web Site : http://www.shinsenen.org/)

③ 竹林の小径

こちらは、有名ですよね。私たちは、嵯峨嵐山駅の方から、アプローチしました。2月と言うのに、それなりに人がいましたが、京都らしい良い雰囲気を醸し出してくれる、鉄板の場所です。

④ 大河内庭園  

こちらの庭園は、昭和の映画俳優で、大河内傳次郎氏が、作った庭園との事です。京都市街地も見渡せる、2万㎡ほどの広大な敷地に、嵐山の山々を借景にした庭園で、桃山造りの書院や、鎌倉様式の持仏堂、茶室の滴水庵等の建物もあります。30年かけて造営したと言われているそうで、非常に素晴らしい庭園。見所も十分なのですが、竹林の小径程有名ではないと思います。しかし、こんな庭園を竹林の小径まで来ていて、素通りするのは、大人としてもったいないですので、是非足を延ばしてみて下さい。

⑤ 天龍寺+α (宝厳院)

世界遺産、天龍寺の曹源池庭園(そうげんちていえん)は、有名だと思います。夢窓国師の作庭と言われているようで、嵐山の借景と相まって、心が落ち着く事、この上ない庭園です。訪問したのは、2月のオフシーズンでしたので、ゆったりと、鑑賞できました。アクセスは、大河内庭園を出て、嵯峨嵐山駅の方に戻らず、そのまま南に行くと、左側に見えてきます

また、天龍寺まで来たのであれば、是非南隣の宝厳院にも足を延ばしてみて下さい。世界遺産の天龍寺の塔頭寺院だそうで、こちらの苔のお庭は、素通りするには、もったいないです。

(天龍寺 Web  Site : http://www.tenryuji.com/index.html、宝厳院 Web  Site : http://www.hogonin.jp/index.html)

⑥ 渡月橋

竹林の小径同様、観光できたからには、素通りできない橋だと思います。

【最後に】

関東近郊からであれば、上記の感じのスケジュールで、京都は日帰り旅行可能な地です。最初にも記載しましたが、何泊もして、すべて回ろうと思っているうちに、行けなくなってしまうかもしれません。故に、日帰りの「 京都観光分割作戦 」を皆様も是非計画し、訪問してみては、如何でしょうか?

(別の記事で、東京旧古河庭園東京椿山荘神戸相楽園京都無鄰菴大河内庭園二条城二の丸庭園高松栗林公園水前寺庭園山梨恵林寺庭園甲府常磐ホテルの庭園東京大熊庭園会津御薬園平泉毛越寺庭園遠山記念館彦根城の玄宮楽々園長浜の慶雲館名古屋城の二の丸庭園名古屋市内の白鳥庭園同じく名古屋市内の徳川園金沢兼六園新潟の旧齋藤家別邸等、も紹介しております(更新中あり))

一部地図は、Google Mapの画面キャプチャーに、自身で書き込みを行い作成

以下、Googleマイプレイス(マイマップ)で作成した地図を、アプリ・GogleMpsで、位置情報をONにしてスマホでご利用頂くと、紹介したスポットを、自身の位置確認しつつ大人散策する事が出来ます!

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA