猿ヶ京

【はじめに:湖城閣の基本情報】

群馬県は、私達夫婦の住まう川越からのアクセスも良く、中々の温泉地も数多くある事から、よくお伺いする地域です。本ブログでも、渋川伊香保温泉の古久家赤城温泉の赤城温泉ホテル老神温泉の仙郷利根川の源流域にある龍洞四万温泉の積善館や豊島屋川場温泉の錦綉山荘谷川温泉の旅館たにがわ等のお宿を紹介させて頂きましたが、今回ご紹介させて頂くのは、丸一生寿苑といったお宿を紹介させて頂きました、猿ヶ京温泉にある「湖城閣」と言う、レトロな温泉宿を紹介させて頂きます。

こちらの温泉宿は、(詳細は別記事で紹介させて頂きますが)その名の通り、何と城跡にある温泉宿で、歴史好きには、なんだかソワソワしてしまう様な感じです。城跡に建てられた温泉宿と言う事で、周囲を赤谷湖に囲まれ(土塁にも囲まれていますが)、お部屋や大浴場・露天風呂からの景色は抜群。何処からも、素晴らしい赤谷湖を見ながら、温泉を楽しめるお宿です

そんな湖城閣(猿ヶ京温泉)のアクセスですが、上越新幹線の上毛高原駅、上越線の後閑駅からバスでアクセスが可能です( 丸一 にお伺いした際は、バスで参りました)。しかし今回は、近くにある名胡桃城祉や小川城址(別記事で紹介しています)を拝見させて頂きたかったので、車で参る事にしました。

関越道の川越インターから、月夜野インターまで行き、目の前を通る17号線を通って行きましたが、2時間もかからない道のりであった認識で、且つ経路も単純で、ストレスなく参る事が出来ました。恐らく渋滞さえなければ、車のアクセスの方が、早く・ストレスなくアクセスできると思います。都内からのアクセスもそれほど大きな違いはなく、行けるのでないかと思います。

【湖城閣のお部屋と温泉】

上記の概要、アクセスの湖城閣ですが、私達夫婦がこのお宿を選んだ理由は、以下3点です。

  1. 別館のお部屋には、露天ではないが温泉がある 
  2. 上記のわりにリーゾナブル 
  3. 城跡にお宿がある

猿ヶ京温泉には、温泉付きのお部屋のある宿が、別記事で紹介させて頂きました丸一を始め、いくつかありますが、その中の最安値がこちらの湖城閣でした。タイミングや時期、宿泊日数等によって、価格は変動すると思うので、一概には言えないかもしれませんが、私達夫婦がお世話になった際は、秋の連休のタイミングで、2泊させて頂きましたが、1泊2名で4万しない位の価格感だった記憶です。お部屋に温泉がついて、この価格なら、リーゾナブルと言って良いと思います。

また、実際にお邪魔して時間したのですが、お部屋からの景色は抜群で、正に赤谷湖を一望できます。これはお部屋のお風呂からも同様で(若干湯舟小さめでしたが・・・)、赤谷湖の景色を眺めつつ、お部屋のお風呂で温泉を独り占めし、のんびり湯あみを楽しめるのは、この上ない大人の贅沢な時間だと思った次第です

お宿は少々古さを感じる事、否めませんが、古いというより、レトロ」と言った方が適切な雰囲気で、女将さんを始め、フレンドリーで、且つわきまえたコミュニケーションは、心地よく宿泊をさせて頂くには、申し分のない物でした。

そして、このお宿は、その名の通り、城跡にお宿があります。それがなんと言う訳ではないかもしれませんが、上杉・北条・真田と言った、早々たる面々の手に移ったお城の様で、そんな歴史舞台に宿泊できる事は、歴史好きにはたまらないものです

また、こちらのお宿の大浴場ですが、大きく3種類ある認識です。

  • 1つは、男女別々の大浴場(内湯と露天)
  • もう一つは貸切のお風呂
  • そして混浴の露天風呂

と言った感じです。

男女別々のお風呂からの赤谷湖の景色はやはり格別で、大きなお風呂に入っていると、赤谷湖と一体化したような感覚になります。貸し切りのお風呂は利用しませんでしたが、混浴の露天風呂は、人がいない事を確認した後、男一人で利用させて頂きました。いくつかの湯舟を楽しめる様になっており、一番奥の岩風呂からは、赤谷湖を一望できます

ただ、もしかしたら女性が入ってくるかもしれないと思うと、あまり落ち着くことが出来ず、5分位で上がってしまった記憶ですが、お風呂そのもは素晴らしく(誰もいなかったので写真撮らせてもらいました)、時間帯によっては女性専用の時間帯もある様でしたので、機会があれば、男性も女性も、是非この素晴らしい露天風呂を楽しんでい頂きたいと思いました(出来れば、あまり気を使いたくないので、男性専用の時間帯も設けてほしいと思ったりしましたが・・・)

【最後に】

上記の様に、心地よいレトロの雰囲気の大人温泉宿で、客室に温泉の引かれたお部屋があるが、リーゾナブルに宿泊でき、赤谷湖の景色と共に、温泉を満喫できるのが、湖城閣です。埼玉県は勿論、都内からのアクセスも良く、別記事で紹介しておりますが、周辺散策も楽しみ事が出来ます(適度な運動不足解消の大人散策も可能ですしもう少しハードな大人散策も可能です)

上杉謙信が、関東に進出しようとした時に名付けた地名、「猿ヶ京」。その地名を代表する様な場所(城跡)にある湖城閣で、温泉・赤谷湖の景色を楽しみつつ、歴史に思いを馳せる「大人の旅」を皆様も計画してみてはいかがでしょうか?

Map

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA