水前寺成趣庭園全景

【熊本にあるが、加藤家でなく、細川家が作った水前寺成趣園】

(本記事にて使用している写真は、2016年の熊本地震の前年、2015年に撮影したものです)

本日は、熊本県・熊本市にある、水前寺成趣園をご紹介します。庭園好きの私ですが、松は栗林公園」、「芝は水前寺」のイメージが強く、訪問させて頂く事が長年の悲願でした。(上記写真は、自身でつなぎ合わせ作成していますので、おかしな部分があります事、ご了承ください)

熊本と言えば、熊本城と加藤清正。しかし、こちらの庭園に、清正公の銅像は見当たりません。代わりに、細川氏の銅像があります熊本城の記事でも記載しましたが、加藤家が、熊本を治めていたのは、1600年代初めの30年程熊本城を築城したのは、加藤清正ですし、熊本の名付け親も加藤清正(その前は、隈本と言ったらしいです)。しかし、加藤家の統治の後、江戸が終わるまで熊本を治めたのは、細川家。水前寺成趣園を作庭したのも、細川家だそうです。

【熊本にあるが、東海道と琵琶湖をモチーフとしたと言われる、芸術性の高い庭園】

写真にもありますが、熊本藩細川家、初代藩主の、細川忠利1636年に作庭を開始し、孫の3代目藩主、細川綱利の時(1671年)に、ほぼ今の形になったとの事。故に350年間、今と同じような庭園が受け継がれている事になります。350年前に、これだけ写実的な庭園を造った事は、本当に驚かされます。宗教的要素を色濃く残す日本庭園が多い中、東海道をモチーフに策定する発想は、中々出てこないと思いますし(まっある意味、富士山も宗教的要素の強い山だったことは確かですが・・・)、芝をこれだけふんだんに使って、芸術性の高いお庭に仕上がっている事にも驚きを隠せません。本当に芸術作品と言うべき、庭園だと思います。山梨県の出身者として、しいて言えば、「富士山は山梨県側からの富士をイメージしてほしかった」と言う事ぐらいです。

水前寺成趣庭園の様子 入口・細川氏銅像・説明文
水前寺成趣庭園の様子 入口・細川氏銅像・説明文

そんな水前寺庭園の特徴の一つは、水が非常に綺麗と言う事。阿蘇の伏流水が湧き出していて、綺麗な水が絶えず、循環しているかららしいです。火の国熊本なんていいますが、水の国でもあるんですね。阿蘇山は、大規模な噴火を何度も起こしており、それよって発生した、火砕流が層になっているらしいです。この層にそって、水が流れてくるので、市内にも、綺麗な水が大量に湧いているとの事。池には、錦鯉が沢山いるのですが、水が綺麗なせいか、生き活きと泳いでいる様に見えますし、色も鮮やかに見えます。恐らくこれは、気がするのではなく、綺麗な水のおかげで、本当にそうなんだろうと思いました。ちなみにこの池、琵琶湖をイメージしているらしいです…。

水前寺成趣庭園の様子1
水前寺成趣庭園の様子1

【地元に愛され守られてきたと思わざるおえない、芝の管理が行き届いた庭園】

そしてもう一つ気になったのが、お手入れ。芝は刈り込まれ、非常に綺麗な状態を保っています。この芝があるからこそ、水前寺成趣園の富士の美しさが、際立つんだろうと思いました。我が家にも、わずかばかりの芝庭があるのですが、これは本当にお手入れが大変。季節になると、2-3週間に1回は刈り込まないとなりません。いくら仕事と言え、これだけの大きな庭園の芝。しかも平らではない芝の富士を、これだけ綺麗に保っているのは、敬服いたします。関係者の庭園に対する愛情があればこそ、ここまで綺麗な状態を保っているんだろうと思います。しかも、350年間。最初から芝が張られていたのか、それともあるタイミングから芝になったのかは、正直わかりませんが、仮に機械もない時代に、芝の刈り込みをしなければならないとなると、これは本当に大人の愛情がないとできないと思います。

水前寺成趣庭園の様子2
水前寺成趣庭園の様子2

【最後に】

これだけの規模の庭園で、これだけの芝が植えられ、且つ常に美しい状態を保っている、水前寺成就園。九州熊本もにありますが、東海道をモチーフにしたした、ユニークな、水前寺成就園。愛しつけ継がれてきた、芝の富士の庭園。阿蘇の伏流水で、色つやの美しいに錦鯉が泳ぐ庭園。こんな、水前寺成趣園に、皆さまも足を運ばれ、お庭の芸術鑑賞をしてみては、如何でしょうか?

(別の記事で、東京旧古河庭園東京椿山荘神戸相楽園京都無鄰菴大河内庭園二条城二の丸庭園高松栗林公園水前寺庭園山梨恵林寺庭園甲府常磐ホテルの庭園東京大熊庭園会津御薬園平泉毛越寺庭園遠山記念館彦根城の玄宮楽々園長浜の慶雲館名古屋城の二の丸庭園名古屋市内の白鳥庭園同じく名古屋市内の徳川園金沢兼六園新潟の旧齋藤家別邸等、も紹介しております(更新中あり))

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA