荒川土手菜の花

【はじめに:ポタリングの魅力】

皆さん、ポタリング」なる言葉をご存じですか?

私は、先日初めて知ったのですが、意味は、”自転車で軽く散策する”、と言った意味らしいです自身の足で散策する ”散歩” と比較して、ポタリングは、自転車を使うと言う事なので、行動範囲は、はるかに広がります

先日、友人との何気ない会話から、このポタリングと言う事を聞いたのですが、このポタリングの行為その物は、昔からしていました。と言うより、ポタリングは、「大人の嗜み」位に思っていました。ママチャリではなく、もうちょっと走る(スピードが出る/疲れない)折りたたみのクロスバイク系の相棒とともに走るのは、なんとも気持ちの良いものです。お金をかけず、自身が住まう街を知る。また、自身が住まう街の周辺も知る。車では、見えない物が見えてきますし、歩きの範囲ではカバーしきれない所もありますが、これをカバーしてくるれるのが、「ポタリング」です。(途中、ロードレーサーの方々に、ガンガン追い越されていきますが・・・)

(別記事にて、季節の花々や紅葉、街道・城跡・古墳と言った史跡、名建築や街中のオブジェ等、様々Topicに応じた、様々な地域のポタリング・散策情報を記載しています。”ポタリング” の タグから記事の一覧を参照できますので、是非こちらもご参照ください)

【川越近郊のポタリングスポット:季節の花々を散策!】

そんな、(言葉は先日知りましたが・・・) ポタリング歴 10年以上の私が、大人ポタリング記事の1回目として、毎年季節になると訪れる場所をいくつか紹介します。住まいが川越なので、川越周辺の情報になりますが、皆さんのポタリング生活にお役立ちできればと思います。

森林公園:ダリア園

まずは、森林公園内にある「ダリア園」から紹介します。最寄り駅は、東武東上線の森林公園駅。森林公園駅から芸術性の高いオブジェを楽しみながら進める遊歩道が続いており、自転車でも徒歩でも車をほとんど気にせずアクセスする事が出来ます(駅前にレンタルサイクルがあるので、こちらを利用するのも選択肢の一つだと思います)。尚駅からの距離は、一番駅から近い南口(入口は、北口・中央口等いくつかあります)までで、4㎞弱です。ただ、森林公園は非常に広く(内部は有料)、今回紹介するダリア園までは、更に4㎞弱の道のりが必要です。故に駅から換算すると、往復15~16㎞程の工程になります為、徒歩でも行けますが、大人ポタリングでも宜しいかと存じます(ちなみに川越の中心部からであれば25㎞強なので往復50-60㎞となり、大人ポタリングの限界に近い距離感と認識しています)。

森林公園内では、梅園や池、広い芝庭等自然を楽しむ事が出来、秋の紅葉も中々の物です。また、鎌倉街道の痕跡や城跡もあり、日本庭園の様なスペースもあります為、歴史や文化の視点も含め、散策を楽しむ事が出来ます。そんな中でお花に注目した際におすすめしたいのが、ダリア園。さほど大きなスペースと言う訳ではありませんが、写真に通り非常に華やかな花々は、写真を撮り続けてしまうほどの美しさです。秋の紅葉のタイミングと併せて脚を運ばれてみてはいかがでしょうか?(何年か前のお邪魔した際、東松山のスリーデイマーチを行っていたタイミング(11月3日の記憶)は無料で入場でできました)

東松山:ぼたん園

次に、東松山にある「ぼたん園」を紹介します住所は東松山ですが、駅としては、東武東上線の森林公園駅の方が近い気がします。同時に、森林公園駅からでも、4㎞弱はあると思うので、ポタリング向けのスポットの気がしますし、広い駐車場もあるので、ドライブがてらいらっしゃっても良いと思います(ちなみに川越駅から自転車であれば、20㎞以上ありますので、1.5時間程度と言ったとこでしょうか?)。とは言っても歩ける距離感ですし、ウォーキングの街を謳う東松山ですので、別記事で紹介しております、大人散策スポット共に、長めの大人散策を楽しむのも選択肢の一つです。内部は、ぼたん園と共に広い芝に庭もございますので、ご家族連れで、「ぼたん」を楽しみつつ、1日過ごす事も可能と思われます。

吉見:さくら堤公園

こちらの公園は、荒川のサイクリングロードを川越から、北に行った右岸(川の流れに沿って、海側を見た時に右側の岸)にあります。川越の中心部から、15~20Kmくらいあると思うので、往復すれば、30-40Kmくらいの距離です。こちらは、名前の通り、桜(ソメイヨシノ)が多く植えられており、季節になると非常に綺麗な堤(堤防)になります。周囲には、菜の花もあり、桜と菜の花による、ピンクと黄色のコントラストが非常に美しい場所です。またこちらの近くには、菜の花だけの群生も見られ、こちらも圧巻の景色です。

川島町:遠山記念館/平成の森公園

遠山記念館/平成の森公園は、川島町における私達夫婦のお気に入りスポットです。2つに共通している花々は、ハスで、遠山記念館は周囲の池(堀?)で、平成の森公園は園内の池で、夏にハスを楽しむ事が出来ます別記事で紹介しておりますが遠山記念館では、格式高い建物とお庭を楽しむ事が出来ますし、平成の森公園では秋の紅葉もおすすめです(公園の外ですが、北側にコスモスも楽しむ事が出来ます)。川越の中心地からであれば、10㎞程で行けますし、2つとも近い場所にありますので、大人ポタリングにてそれぞれ併せてお楽しみ頂ければと思います。

川島・坂戸:越辺川の土手

こちらは、サイクリングロードと言う訳ではありませんが、土手(堤防)が舗装されており、道も広い為、ポタリング向けのコースです。また、川越の中心部から10Km無いと思いますので、手軽に行ける場所だと思います。ここの土手の特徴は、広範囲に春は菜の花、秋は曼殊沙華が見られると言う事です

川越の中心部から、落合橋を抜け、越辺川沿いを走り、途中、舗装が途切れるので、一般道も走りつつ(この辺りは、車の通行量も少ないので、ストレスなく走れます)、越辺川を東松山の方まで登っていくと、「ほとんどずっと」と言って良いほど、春は菜の花、秋は曼殊沙華を楽しむ事が出来ます。体調に合わせて、「もう少し行ってみよう」 or 「今日はここまで」、と言った大人のジャッジもしやすいので、気分と体調に合わせて、距離を調整できるのも、このコースの良さです。(地図は、写真を撮った周辺の地図をご案内)

坂戸:慈眼寺/東坂戸団地

別記事で紹介しておりますが、こちらのおすすめは、桜です。慈眼寺の桜は、樹齢260年とも言われる枝垂れ桜。東坂戸団地は、団地内を流れる水路に沿って、見事な桜並木を楽しむ事が出来ます。慈眼寺の枝垂桜は、ソメイヨシノよりも若干早く開花する傾向の様なので、タイミングを見計らいつつ、いらっしゃると良いと思います。川越の中心部からも7㎞程度の様ですので、以下に紹介する各桜のスポットと併せ大人ポタリングを計画されても良いと思います。

川越:氷川神社北側の新河岸川

こちらも別記事で紹介しておりますが、この川越氷川神社の北側を流れる新河岸川沿いの桜並木は、川越における桜の季節で外してほしくない、桜スポットです。観光地エリアですので、川越観光とセットで散策されても良いと思いますし、別記事で紹介している桜スポットと併せて、大人ポタリングでも良いと思います。桜の季節には、新河岸川に小さな観光用の船も出ている様なので、その風情と併せお楽しみください。

川越:喜多院/中院 

川越の顔と言って良いと思いますが、喜多院の桜も綺麗です。また、すぐ近くには、中院と呼ばれる寺院もあり、こちらの枝垂れ桜は、必見の価値がある桜です別記事で触れていますが、川越観光も非常に魅力的ですが、桜の季節に川越にいらしたのであれば、こちらの桜も併せてお楽しみ頂きたいです。

また、喜多院(紅葉山庭園(有料エリアからしか見えませんが…))・中院共の紅葉も見ごたえがあります。喜多院では秋に「菊まつり」も実施しておりますので、11月の紅葉のと併せて脚を運ばれてはいかがでしょうか?

川越:なぐわし公園北側の小畔川

なぐわし公園の北側を小畔川が流れていますが、その堤防上の桜並木も非常に美しいです、その理由は、堤防に沿って菜の花も咲き乱れ、ピンクと黄色のコントラストがたまらなく美しいスポットです。川越の中心部からは、バスのアクセスも可能ですが、5~6㎞位ですので、大人散策・ポタリングで参られても宜しいかと存じます。ちなみに、なぐわし公園には広い駐車場もありますので、お車でのアクセスも可能です。

御伊勢塚公園/小畔水鳥の郷公園付近

上記、なぐわし公園北を流れる小畔川を2~3㎞程上流に行くと、御伊勢塚公園/小畔水鳥の郷公園付近になります。最寄りの駅は、東武東上線・霞ヶ関駅か、川越線・的場駅になり、川越の中心部からですと6㎞程になると思いますが、霞ヶ関・的場駅からであれば、2㎞ないと思われます。御伊勢塚公園西側の通りは、桜並木なっており、小畔水鳥の郷公園の池の周辺には、桜が囲むように植えられております。これらの桜は、ソメイヨシノが基本ですが、小畔川(御伊勢塚公園側の右岸少し下流)には、枝垂桜もありますので併せてお楽しみください。また、別記事でこの近くのエリアについて、歴史の観点から大人散策情報(川越の始まりはこの付近の的場・霞ヶ関・上戸と言われている様です)も記載していますので、併せてご参照頂けますと幸いです。

川越:水上公園/善長寺

川越水上公園に関しては、ソメイヨシノと八重桜の2種類の桜が楽しめ秋には紅葉も楽しめる公園として、善長寺はハスが楽しめる寺院として別記事で紹介していますが、こちらでも季節の花々が楽しめるスポットとして、紹介致します。(川越線西川越駅が最寄りになりますが)川越中心部からは、川越水上公園付近までバスが出ていますが、4㎞程ですので、大人散策でも、大人ポタリングでもアクセス可能です。

また、水上公園・善長寺共に、駐車場もありますので、車でのアクセスも可能と存じます。川越水上公園はご存じの方も多いと思われ、春の桜、秋の紅葉をお楽しみの方も多いと思いますが、水上公園入口がら1㎞も離れていない善長寺の事をご存じない方も多いと思われます。大きい訳ではありませんが、寺院の中にある蓮池は、大人が心を落ち着ける事が出来る中々のスポットですので、頭の片隅にインプット頂き、夏の蓮の季節には、脚を延ばしてみてはいかがかと存じます。

狭山:下奥富河川敷公園

こちらの下奥富河川敷公園は、入間川のサイクリングロードの反対岸(右岸側:狭山リバーサイドゴルフコースあたりの反対岸)にある、公園です。前から土手(堤防)はあり、その上を歩く事は出来ましたが、砂利道であった為、自転車で行く事は、ありませんでした。しかし数年前、川越市場近くから、入間市付近まで舗装され、自転車でも、快適に走行できるようになったため、その途中にあるこちらの公園に、毎年行く様になりました。舗装されている距離が短く、他のサイクリングロードとの接続がない為、ロードレーサーも少なく、のんびりポタリングできます。

川越の中心部から10Km無いと思うので、往復してもたいした距離ではありません。こちらの公園の売りは、ハナモモだと思います。桜(ソメイヨシノ+八重桜)もありますが、それよりも少し前に咲く、ハナモモが、桜と違ったピンクや赤い花をつけ、非常に綺麗です

狭山:柏原河川敷公園付近

上記、下奥富河川敷公園とは入間川をはさんだ対岸のサイクリングロード沿い(柏原河川敷公園・狭山リバーサイドゴルフコース近辺)の桜並木は必見の価値があります。サイクリングロードですので、背の高い車も通る事がない為でしょうが、サイクリングロードを覆う様な桜並木の中を自転車で走り抜ける爽快感はたまらないものがあります。最寄り駅は、西武新宿線・新狭山駅となると思われ、3㎞位で、すぐ近くのいるまがわ大橋(別記事で紹介中)の通りがバスの通っている通りになります。しかし、川越の中心部からも7~8㎞程度ですし、サイクリングロード沿いと言う事もあるので、是非大人ポタリングで桜並木のトンネルを走って頂きたいと思います。

狭山:稲荷山公園

上記柏原河川敷公園より入間川を上流に3㎞程進すみ、入間川を越えた右岸の河岸段丘の上に、稲荷山公園があります。こちらの見所は、桜とツツジです。狭山・入間の大人散策情報として、別記事でも紹介しておりますが、かなり広い公園で、かつては米軍の管理下にあった頃は、「ハイドパーク」と呼ばれていたようで、日本の公園散策とは若干違った雰囲気を醸し出しています。また、公園本体から北側にある少し飛び地の様になった場所に展望台があるのですが、ここからの眺めは最高です。ツツジの季節であれば、眼下に広がる街と赤のツツジのコントラストを楽しむ事が出来ます。最寄り駅は、西武池袋線・稲荷山公園駅で、駅を降りて目の前が公園ですが、川越中心部から入間川サイクリングロード経由で行っても、15㎞ない位だと思うので、是非大人ポタリングの候補地として、計画してみては如何でしょか?

狭山:智光山公園 

本ブログの別記事で何度か紹介している智光山公園こちらは春の桜夏の新緑秋の紅葉も楽しみにしてるスポットですが、お花を目当てにする際は、バラ園・菖蒲園がお目当てのスポットになります菖蒲園は、初夏バラ園は、春から夏にかけての季節と秋が見頃になります特に紅葉をバックにした秋のバラは美しく、ついつい写真を撮りまくってしまいます。最寄り駅は、川越線・笠幡駅か西武新宿線・狭山市駅になる認識ですが、それぞれ駅から3㎞以上の移動が必要になります。狭山市駅からバスで直接アクセスできますが、笠幡駅からは近くのサイホクハムまで行き、徒歩で更に1㎞程更に移動が必要になります。駐車場もありますので、車でのアクセスも可能ですが、川越中心部からも10㎞程で行けますので、大人ポタリングでのアクセスも検討してみてはいかがでしょうか?

日高:高麗川巾着田(曼殊沙華)

こちらのスポットも、周囲の観光情報も含め、何度か紹介してるスポットです秋、一面に咲く曼殊沙華の真っ赤な光景は圧巻の一言。多くの観光客もいらっしゃいますが、是非脚を運んで頂きたいスポットです尚アクセスは、電車+徒歩 or 自転車でのアクセスをおすすめします。車でのアクセスも可能ですが、曼殊沙華の季節になると渋滞が発生するからです。電車であれば、西武池袋線・高麗駅で、そこから徒歩10分~15分程度で行く事が出来、曼殊沙華の季節は、特急も高麗駅に停車してくれるようです。また、川越線・八高線の高麗川駅からもアクセス可能ですが、距離にして3~4㎞程ありますので、散策がてら行かれる心づもりが必要と存じます。更に、川越の中心部からであれば、18㎞程になります。往復すれば、40㎞位になるので、まずまずの大人ポタリングとなりますが、秋のさわやかな気候のもと、私達夫婦は裏道を自転車で渋滞を横目にほぼ毎年参っています。皆様も巾着田への大人ポタリングを計画してみてはいかがでしょうか?

鳩山:おしゃもじ山公園

こちらおしゃもじ山公園は、鎌倉街道上道の大人散策の際にも紹介せて頂きました。高台の丘にツツジが映える、見応えのあるスポットで、また高台からの景色は抜群です。アクセスに関しては、最寄り駅は何処も遠い為、私達夫婦の場合は、自転車を利用させて頂く事がほとんどです。川越の中心から17~18㎞程ですので、往復約40㎞。まずまずの大人ポタリングですが、チャレンジされてみてはいかがでしょうか? また、別記事で紹介しております、鎌倉街道の大人散策と併せ、いらっしゃるのも良いかもしれません。

越生:越生梅林/五大尊つつじ公園

こちらも別記事で紹介しておりますが、有名なスポットでありますので、皆様もご存じかと思われます。春の初めに越生梅林で美しい梅を拝見し、その香りを感じるのは正に至福の時ですし、高台から街の光景をバックに見る五大尊つつじ公園のツツジは最高です。ただ同時に有名ですので、その季節になると車の渋滞は覚悟が必要です。故に、電車+徒歩 or 自転車でのアクセスをおすすめします。最寄り駅は、八高線・東武越生線の越生駅。つつじ公園は、駅から1.5㎞程ですので、徒歩でのアクセス問題ありませんが、越生梅林は3㎞程あるので、若干散策気分で行かれた方が良いと思います(越生の大人散策情報を別記事で紹介しております)。また、川越中心部からであれば、20㎞強ありますので、往復で50㎞程。自転車に乗りなれている方は大丈夫だと思いますが、そうでない方にとっては、大人ポタリングの限界に近い距離かもしれません。ご自身の状況に合わせ電車 or 自転車の手段、ご検討されてはいかがかと思います。

東松山:物見山

こちら物見山は、秋の紅葉も素敵ですが、ツツジが綺麗なスポットです。また、頂上からの眺めも良く、爽快な眺めを楽しむ事が出来ます。ただ、眺めは良いと言う事は、それなりの登り坂を自転車では登って行く必要があると言う事です。最寄り駅は、東武東上線・高坂駅で、そこから近くまでバスも出ていますし、高坂駅からの距離は、3~4㎞程ですので、歩けない距離でもありません。しかし、私達夫婦の場合は、川越の中心部からであれば、18㎞程の道のりですので、往復40㎞と考えると最後の登りはあっても、自転車で参らせて頂くケースがほとんどです(坂を登りきった近辺に、駐車場もありますので、車でのアクセスが可能である事も共有いたします)。

とは言っても、最後の坂道は大変で、でも自転車を降りたくない根性で頑張てしまい、大変な思いを一番初めのケースで体験してしまったので、2回目以降、秘策を使ってアクセスしています。それは、麓の岩殿観音経由のアクセスです。少し遠回りになりますが、岩殿観音の参道経由でこちらの駐車場の脇に駐輪させて頂き、岩殿観音にご挨拶。その後本殿奥の左側から階段が続ておりますので、そこを登ると、物見山へ簡単にアクセスできるのです(それなりの登りを歩いていく訳ですが・・・)。岩殿観音への参拝も含めた、一石二鳥のコース、皆様も試してみてはいかがでしょうか?(別記事で、八高線・明覚駅から物見山/岩殿観音経由東武東上線・高坂駅までの大人散策情報を記載しております(更新中))

【最後に】

それぞれ、ご紹介したコースは、ママチャリだとちょっときついかもしれませんが、クロスバイク系の相棒であれば、問題ないくらいの距離と認識しております。ロードレーサーで、本当に走る人は、1日で、100Km以上走る様ですが、普通の大人で、ちょっと走る自転車であれば、大多数の方が思っているよりも、自転車での行動範囲は広いと思います。上記、様々スポットを紹介させて頂きましたが、季節、お花の好み、アクセスの距離感・方法、周辺の観光情報等を組み合わせ、皆様なりの大人ポタリングの計画の参考になれば幸いと思っております

また以下に、上記紹介致しましたスポットの詳細地図を以下のGoogle マイプレイスを利用し作成しておりますので、併せてご活用頂ければ幸いです。皆さんのお住いの地域も、少しポタリングすると、色々な街の顔が見えてくると思いますので、普段自転車に乗らない方も、大人ポタリングをしてみては、如何でしょうか?

尚、本ブログの別記事で、「①川越の雰囲気を感じるコース」、「②川越を知るコース」「③それぞれの楽しみ方で川越を楽しむ」、「川越のおすすめレストラン一覧」をそれぞれ紹介していますので、そちらも参考になさってください。また、別記事にて、季節の花々や紅葉、街道・城跡・古墳と言った史跡、名建築や街中のオブジェ等、様々Topicに応じた、様々な地域のポタリング・散策情報を記載しています。”ポタリング” の タグから記事の一覧を参照できますので、是非こちらもご参照ください)

以下、Googleマイプレイス(マイマップ)で作成した地図を、アプリ・GogleMpsで、位置情報をONにしてスマホでご利用頂くと、紹介したスポットを、自身の位置確認しつつ大人散策する事が出来ます!

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA