相楽園入口と全体図

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

【偶然、神戸で出会った名庭園】

今回は、出張先で偶然見つけた、神戸にある日本庭園の相楽園をご紹介します。「知られざる」、なんて書いてしまいましたが、「私が知らなかった」と言うニアンスが強いので、ご容赦ください。

神戸の出張、午後一の打合せを済ませ、東京への帰路につくべく、新神戸までのつもりで、タクシーに乗る。でもまだ帰るには早い。運転手さんに何気なく、「もう少し時間があるのですが、どこか1-2時間位で回れる、観光スポットありませんか?」と質問。しばらくの沈黙の後、運転手さんから、「日本庭園はいかが?」と提案。庭園好きの私にとっては、渡りに船。また、新神戸から遠くないとの事で、ほぼ新神戸の近くまで来ていましたが、行先変更。(私が)名前も知らない、存在も知らない、日本庭園へ。

【手入れの行き届いた庭園は、大人散策にピッタリ!】

タクシーを降り、門構えにビックリ。「相楽園」と看板があり、素晴らしい門構え。入場料を払い(200か、300円)、庭園の中に。掛川城の御殿の前にも、ソテツがあったことを思い出しつつ、ソテツにが美しい、若干の坂道を上り、出てきたのが、厩舎。レンガ調で素敵な建物。厩舎にしておくには、もったいないと思えてくる。その左に目を向けると洋館。こちらも、パステル調の色が、なんとも美しい。

相楽園内部1
相楽園内部1

その後ろに目を向けると、先程登ってきた坂道が見え、同時に、立派な石灯籠と大きな木が目に飛び込んでくる。楠と思われる。よくわからないが、立派な木である事は、間違いない。目の前の看板には、”名木”と書いてあり、楠である事を確認。立派な石灯籠もあり、風格十分。

相楽園内部2
相楽園内部2

更に右に、目を向けると、日本庭園が目に入る。会館の建物の前を通り過ぎ、日本庭園へ。非常によく整備されており、美しく、気品がある。なんとなく、日本庭園にたたずむ建物のせいか、東京の清澄白河庭園に似た感じがする。その建物の写真を撮りながら池の周りを2周し、タクシー運転手さんの提案を満喫。よく手入れされた植栽と、建物の状態は、管理が行き届いている事が理解できる。お邪魔した際は、写真の通り、他にこの庭園を訪れている方も少なく、落ち着いて日本庭園を満喫することが出来、心が表れていく感じ。しかし、新幹線の時間もあるので、芝の広場を通って、正門出口へ。所要時間は、1時間弱。大きい訳ではないが、非常に素晴らしい庭園でしたので、「皆様も機会があれば是非!」と思うのですが、庭園を出た際は、「人が少なかったなー、何でだ?」とも思いました。

相楽園内部3
相楽園内部3

庭園を出ると、運よくタクシーがあり、早々に新神戸へ。新幹線に乗り、その車中で、まだ明るいが、プッシュと開ける。これがたまらない。庭園を思い出しつつ、帰路につきました 所要時間もさほどかからないので、観光の合間、仕事の合間にタイミングがあうのであれば、大人の時間の使い方で、訪れてみて下さい。

【ツツジが有名な庭園、相楽園】

そして、帰宅後、改めて相楽園を調べてみると、ツツジで有名らしい事が、判明しました。写真にもある通り、ツツジが沢山あります(関東周辺のツツジスポットは、別ブログで紹介中)。これを知ってしまった以上、改めてお伺いしたいので、そのタイミングで行けるのであれば、また行きたいと思いました。皆様も是非、ツツジ情報を頭の片隅に入れつつ、訪れてみては、如何でしょうか?

相楽園入口と全体図
相楽園入口と全体図

(別の記事で、東京旧古河庭園東京椿山荘神戸相楽園京都無鄰菴大河内庭園二条城二の丸庭園高松栗林公園水前寺庭園山梨恵林寺庭園甲府常磐ホテルの庭園東京大熊庭園会津御薬園平泉毛越寺庭園遠山記念館彦根城の玄宮楽々園長浜の慶雲館名古屋城の二の丸庭園名古屋市内の白鳥庭園同じく名古屋市内の徳川園金沢兼六園新潟の旧齋藤家別邸等、も紹介しております(更新中あり))

TOP Pageへ or ブログ内関連情報タグ一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA